【解説】スマホの契約内容

【最新情報】auが2年縛りと4年縛りの見直しを発表!スマホの違約金なくなる!?

KDDI(au)が「2年縛り」「4年縛り」と言われる、長い間の契約で最新のスマートフォンやiPhoneの本体代金を安くする割引の条件を見直すと発表しました。

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

ソフトバンク、ドコモ、auを使っていれば1度は聞いたことがあるはずの「2年契約」。

スマートフォンやiPhoneを買うときには、ほぼ必ず2年契約を結んでいますよね。

 

2018年8月1日のKDDI決算発表会で2年縛り4年縛り条件を見直して緩くしていくと発表されました。

【この記事で学べること】

  1. au2年縛りと4年縛りの見直し内容と変更点
  2. スマホを半額で買えるキャンペーンも見直し!?
  3. ソフトバンクの4年縛りはどう動くのか

 

最近ではスマホの本体代金を2年分割(24回払い)ではなく4年分割(48回払い)にすることでキャンペーンを使えるってものもありますよね。

知らないと痛い目にあうかもしれないキャンペーンなので、今回の規制と内容をしっかり読んでください。

 

今後の2年縛りや4年縛りの動きがあなたにどう影響するかみていきましょう!

 

それでは!

Let’s GO〜!!

スマホの2年縛りと4年縛りの仕組み

ふみおくん
ふみおくん
どうしてスマホには”縛り”っていうのがあるの?

ふーみん
ふーみん
そもそも2年縛りとか4年縛りは、割引をするためにあるんですよ!

あなたも今まで当たり前のように2年縛りのある契約をしていましたよね。

 

2年縛りのある契約というのは、たしかに同じ会社から他の会社に移れないようにするためというのもあるはずです。

ただユーザー側は、2年縛りや4年縛りがあることで携帯代からの割引を毎月もらえていたんですよ。

2年縛りで入るスマホの割引とは

スマートフォンやiPhoneを買うときは分割にしていますよね。

あなたが2年分割や4年分割で買うときに、同じ期間の割引が入っていたはずです。

 

これは分割払い2年契約(縛り)を結ぶことで、スマホやiPhoneの本体代金半分以下にしてくれるというものだったんですよ。

 

今後はこういう2年縛りや携帯料金の割引がなくなっていくようなので、今までの当たり前がどんどん変わっていきそうですね。

最新のスマホを実質半額で買うことができる「アップグレードプログラムEX」や「半額サポート」もどのように変わっていくか注目です。

【解説】いち早く動いたauの「2年縛りと4年縛り廃止」とは

ふみおくん
ふみおくん
ついに◯年縛りがなくなるのかな!

ふーみん
ふーみん
たしかに年間契約は無くなる方向ですけど、まだまだ廃止までは遠いかもしれないです。

総務省の規制などに1番早く動くのはドコモというのが当たり前でしたが、今回の契約期間の縛り(4年縛り)はauとソフトバンクだけでした。

なのでauがいち早く4年縛りの緩和(廃止)に動きました。

(auの発表のあと、ソフトバンクも同じように4年縛りの緩和をしたんですよ。)

 

auでスマホの2年縛りと4年縛りを見直し!違約金なしの期間が延長!?

今までau、ソフトバンク、ドコモでは、2年縛り(2年契約)の解除(解約)をしても違約金(解約金)がかからない期間を2ヶ月間としていました。

ですが、今回の発表では違約金がかからない期間(更新月)を長くすると発表されました。

 

auでは今まで2ヶ月間だった更新月を3ヶ月間に引き延ばすそうです。

「期間を延ばすだけか… 」と思いますが、これは大きな変化となるはずです。

 

2年契約自体をなくてしまうとあなたやボクたちユーザーへの影響が大き過ぎてしまうからです。

 

auの2年契約と4年契約の廃止はいつから

ソフトバンクの「半額サポート」、auの「アップグレードプログラムEX」4年契約(縛り)の加入を必須とするものでした。

ソフトバンクユーザーとauユーザーからすると、最新のiPhoneやスマートフォンが実質半額以下で手に入れられるので、たしかにお得でした。

 

ただ、最新のスマホを半額以下で手に入れられる代わりに4年間の契約を結ぶ条件になってしまうので、独占禁止法に触れる可能性があることがわかりました。

2年契約廃止のデメリット|au2年縛り・4年縛り廃止

  • スマホの毎月の利用料金が高くなる
  • 本体代金への割引がすべてなくなる
  • 特典や割引が減る

 

総務省からの指摘を受けたソフトバンクは早々に4年縛りや2年縛りの仕様を変更しました。

そしてau(KDDI)も2019年の1月頃から、アップグレードプログラムEXの仕様を変え4年縛りがない状態での機種変更が可能になりました。

 

2年契約がなくなることは解約料金がなくなったり会社を自由に変えられるメリットもありますが、数万円もするスマホ代を全て負担しなければいけないデメリットもありますね。

2年契約をしっかりと把握したうえで、いろいろな割引を付けてもらえる今までの方がユーザーにとっては良かったのではないかと感じます。

 

auは値下げのために「分離プラン」を提供

2つの条件が重なったこともあり、auは携帯料金を値下げするための新プランをスタートしました。

  1. 2年・4年縛りの廃止
  2. 総務省の携帯料金値下げ規制

 

auはピタットプランとフラットプランという「分離プラン」をスタートさせたんです。

この分離プランにすることで、スマホの通信料と端末代を完全に分けることにしました。

 

結果的にはauの携帯代の値下げに繋がるわけですが、分離プランも契約をする前にいろいろと注意が必要なんですよ。

2年縛り・4年縛りの廃止は”2019年夏ころ”から

2019年3月になり、政府が電気通信事業法の改正法を閣議決定したことがわかりました。

改正法の内容は…

  • 2年縛り・4年縛りの禁止
  • 端末への割引などのセット販売の禁止
  • 端末代金と通信料金の完全分離
  • 代理店の登録制

などでした。

 

これが始まれば携帯だけじゃなくて、CATV(ケーブルテレビ)自宅のインターネット(WiFi)の2年縛りもまとめてなくなりそうです。

政府からの情報によると、2019年の夏ころにはこの新しい電気通信事業法になるとのことなので、2019年中には2年縛りがなくなる状態になりますね。

 

auは4年縛りのキャンペーン内容を見直しへ

ふみおくん
ふみおくん
auの4年縛りって4年間も同じ会社じゃないといけないの?

ふーみん
ふーみん
4年縛りは独占禁止法に触れるはずなので、しっかりと見直しされます!安心してくださいね。

auでは最新のスマートフォンやiPhoneを実質半額で手に入れることができる「アップグレードプログラムEX」というのがあります。

 

このアップグレードプログラムEXを使って最新機種を半額にする条件は… 

  • 月額390円のオプション料金を支払う
  • 2年後機種変更の際に古い機種の回収
  • 新しい機種でも同じプログラムに加入する

 

ここで問題視されているのが新しい機種でも同じプログラムに参加するというところです。

つまりあなたがスマホを買うときに、新しい機種を買ってから2年(合計4年)の契約を必ずするということになります。

 

これが今回見直しのきっかけになった、いわゆる4年縛りです。

 

auの発表ではこの変更にあたって、新しいiPhoneやスマホに機種変更したあとの加入必須というのは条件から無くなるようです。

 

auに続いてソフトバンクとドコモも2年縛り(契約)の見直しを検討?

ふみおくん
ふみおくん
ってことは3社とも縛りを見直すってこと?

ふーみん
ふーみん
そのとおり!auに続いてソフトバンクもドコモもいろいろと見直してきますよ。

auが見直しをしてソフトバンクとドコモだけしないということはまずあり得ないでしょうね。

au以外の”縛り”の変更点

  • 契約解除料不要期間(更新月)の期間延長

⇒「2ヶ月から3ヶ月への変更」

  • 4年縛りの撤廃

⇒「auとソフトバンクのみオプション加入必須の撤廃」

 

 

これはau、ソフトバンク、ドコモの3社で見直しの検討と変更をしてくるはずです。

こういう見直しをたくさんしてもらって、ユーザー目線契約キャンペーンをどんどん増やして欲しいですね!

 

【解説】ソフトバンクも2年縛りと4年縛りの内容を見直し

ふーみん
ふーみん
ソフトバンクは新プランを使って契約の見直しをしました。

ソフトバンクでのキャンペーン半額サポートというのをご存知でしょうか。

最新のスマートフォンやiPhoneの本体代金を実質半額だけの支払いでよくなる購入方法です。

 

半額サポートを使って最新機種の本体代金を半額にする条件は…

  • 半額サポート(無料)に加入
  • 支払い回数:48回
  • 次回機種変更時にも同じオプション(半額サポート)に加入
  • 次回機種変更時に旧機種の下取り(回収)

 

ソフトバンクでも「次回機種変更時にも同じオプションに加入」がなくなり、下取りだけだせばスマホの本体代金の残りを免除できるように変更になるようです。

 

2年後に機種を買うときにも実質の支払い半額で新機種を買うときには、「半額サポート」に加入する必要があります!

つまり最新のスマートフォンまたはiPhoneを本体代金半額で使いたい場合にのみ、「半額サポート」に加入をする必要があるということです。

 

スマホの本体代金をすべて払うのであれば、半額サポートをいつやめてもお咎めなしということになります。

ソフトバンクもauとドコモと同じように、2年契約解除のときに違約金を払わなくてよい期間(更新月)の延長が発表されています。

2ヶ月間の更新月が3ヶ月に引き延ばしという変更がされるようです。

【解説】ドコモは更新月の期間見直しと料金値下げへ

ふーみん
ふーみん
ドコモは更新月の期間を増やしたり、新プランの発表をしていますね。

ドコモではauやソフトバンクのような、最新機種の本体代金を半額にするキャンペーンはやっていません。

なので契約条件などの見直しは2年契約の解除期間である更新月だけでした。

 

ただドコモはそれ以外に携帯料金の見直し(値下げ)を検討しています。

 

具体的にはまだ発表されていませんが、政府の通告を受けてドコモの現状の料金プランを使った値下げが始まりそうですよ。

契約期間(2年契約)の見直しと一緒に、携帯料金も見直してくれるとはかなり期待できますね!

【番外編①】各社2019年4月から2年縛りと4年縛りを禁止へ

ふーみん
ふーみん
2019年はスマホの契約やプランなどが大きく変わりそうですね!

2019年2月25日に総務省が発表した内容によると…

携帯料金の値下げに向けた電気通信事業法の改正によって、「端末代金と通信料の完全分離の義務付け」や「契約期間の拘束の禁止」をする方向に。

参照:共同通信

 

となっていて、今までは2年縛りや高額な割引に対する規制だけだったのが、本格的な禁止になりそうですね。

上記の義務化が2019年の4月からスタートするかは微妙なところですが、2019年中には間違いなく本格始動になります。

 

今まで高額な違約金や手数料を取られていたり、2年縛りで契約の会社を自由に変えられない状況から抜け出せるようになるので要チェックですよ!

【番外編②】2年縛りや4年縛りの廃止と”完全分離プラン”の義務化

ふーみん
ふーみん
スマホの料金や契約の見直しから、料金プランにも規制がつくようです。

完全分離プラン…

おそらくこれからあなたがスマホを買い換えるときに、必ずと言っていいほど耳にする言葉です。

 

今までの料金プランでは当たり前だった、スマホの機種代金を値引きするセット販売のような契約がすべて禁止になります。

 

つまりこれからのスマホの料金プランは…

  • スマホの利用料金
  • スマホの機種代金

この2つをそれぞれ支払うのが当たり前になるんです。

 

ただし、完全分離プランが携帯料金の値下げにつながるかというとそうでもないのが現実です。

総務省としては、いろいろと規制をかけてスマホの料金をわかりやすく低価格にと言っていますが、実際はどうなることやら・・・。

まとめ

auに続いてソフトバンクとドコモも2年契約や縛りの見直しを実施!

総務省の指摘が良い感じに刺さってついにケータイ会社も動き始めましたね。

iPhoneやスマートフォンを買うときに2年縛りがなくなるとデメリットもあるので、一概にすべて良いというわけではありません。

 

でも2年ごとにスマホの乗り換えをしたり、格安スマホに変える予定の人には今後期待したい変化ですよね!

 

あなたの使っているスマホの利用料金を安くしたいのであれば、これを機にいろいろと調べてみるのをオススメします。

スマホの契約期間や使っているプランは定期的に見直して損はないでしょう。

ABOUT ME
アバター
ふーみん☆彡
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。