【解説】契約内容

【最新情報】auが2年縛りと4年縛りの見直しを発表!スマホの違約金なくなる!?

KDDI(au)が「2年縛り」「4年縛り」と言われる、長い間の契約で最新のスマートフォンやiPhoneの本体代金を安くする割引の条件を見直すと発表しました。

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

ソフトバンク、ドコモ、auを使っていれば1度は聞いたことがあるはずの「2年契約」。

スマートフォンやiPhoneを買うときには、ほぼ必ず2年契約を結んでいますよね。

 

2018年8月1日のKDDI決算発表会で2年縛り4年縛り条件を見直して緩くしていくと発表されました。

【この記事で学べること】

  1. 2年縛りと4年縛りの見直し!「変更点」
  2. 最新スマホを半額で手に入れるキャンペーンの条件も見直し!「変更点」
  3. au以外のソフトバンク、ドコモの状況とは

 

「2年契約のせいで解約のときに高額なスマホ料金を払った」って言う経験がある方もいますよね。

今後の2年縛りや4年縛りの動きがあなたにどう影響するかみていきましょう!

 

それでは!

Let’s GO〜!!

 

いち早く動いた「auの2年縛りと4年縛り廃止」とは

ふーみん
ふーみん
総務省の指摘からauが最初に動きましたね。

【解説】スマホの2年契約(2年縛りと4年縛り)の仕組み

2年契約でもらえるスマホの本体値引き(割引)|au2年縛り・4年縛り廃止

あなたがスマホを買うとき、本体は24回分割にしているはず。

ですがスマホ本体の一括の料金はなんと10万円近くするわけです。

 

分割払いと2年契約を結ぶことで、スマホやiPhoneの本体代金半分以下にしてくれます。

 

 

auでスマホの2年縛りと4年縛りを見直し!違約金なしの期間が延長!?

今までau、ソフトバンク、ドコモでは、2年縛り(2年契約)の解除(解約)をしても違約金(解約金)がかからない期間を2ヶ月間としていました。

 

ですが、今回の発表ではこの違約金がかからない期間=更新月を長くすると発表されました。

 

auでは今まで2ヶ月間だった更新月を3ヶ月間に引き延ばすそうです。

 

「期間を延ばすだけか… 」と思いますが、これは大きな変化となるはずです。

 

2年契約自体をなくてしまうとあなたやボクたちユーザーへの影響が大き過ぎてしまうからです。

 

auの2年契約と4年契約の廃止はいつから

ソフトバンクの「半額サポート」、auの「アップグレードプログラムEX」4年契約(縛り)の加入を必須とするものでした。

ソフトバンクユーザーとauユーザーからすると、最新のiPhoneやスマートフォンが実質半額以下で手に入れられるので、たしかにお得でした。

 

ただ、最新のスマホを半額以下で手に入れられる代わりに4年間の契約を結ぶ条件になってしまうので、独占禁止法に触れる可能性があることがわかりました。

 

総務省からの指摘を受けたソフトバンクは早々に4年縛りや2年縛りの仕様を変更しました。

そしてau(KDDI)も2019年の1月頃から、アップグレードプログラムEXの仕様を変え4年縛りがない状態での機種変更が可能になりました。

 

【解説】auは4年縛りのキャンペーンの内容見直しへ

ふーみん
ふーみん
4年縛りは独占禁止法に触れるはずなので、当然の見直しって感じです。

auでは最新のスマートフォンやiPhoneを実質半額で手に入れることができる「アップグレードプログラムEX」というのがあります。

 

このアップグレードプログラムEXを使って最新機種を半額にする条件は… 

  • 月額390円のオプション料金を支払う
  • 2年後機種変更の際に古い機種の回収
  • 新しい機種でも同じプログラムに加入する

 

ここで問題視されているのが新しい機種でも同じプログラムに参加するというところです。

つまりあなたがスマホを買うときに、新しい機種を買ってから2年(合計4年)の契約を必ずするということになります。

 

これが今回見直しのきっかけになったいわゆる4年縛りです。

 

auの発表ではこの変更にあたって、新しいiPhoneやスマホに機種変更したあとの加入必須というのは条件から無くなるようです。

 

auに続いてソフトバンクとドコモも2年縛り(契約)の見直しを検討?

ふーみん
ふーみん
こういう見直しは、ソフトバンクやドコモも追いかけるようにやりますよね。

auが見直しをしてソフトバンクとドコモだけしないということはまずあり得ないでしょうね。

今回の変更点は…

  • 契約解除料不要期間(更新月)の期間延長

「2ヶ月から3ヶ月への変更」

  • 4年縛りの撤廃

「auとソフトバンクのみオプション加入必須の撤廃」

 

 

これはau、ソフトバンク、ドコモの3社で見直しの検討と変更をしてくるはずです。

こういう見直しをたくさんしてもらって、ユーザー目線契約キャンペーンをどんどん増やして欲しいですね!

 

追記1:ソフトバンクも2年縛りと4年縛りの内容見直しを発表

ふーみん
ふーみん
ソフトバンクは新プランを使って契約の見直しをしました。

ソフトバンクでのキャンペーン半額サポートというのをご存知でしょうか。

最新のスマートフォンやiPhoneの本体代金を実質半額だけの支払いでよくなる購入方法です。

 

半額サポートを使って最新機種の本体代金を半額にする条件は…

  • 半額サポート(無料)に加入
  • 支払い回数:48回
  • 次回機種変更時にも同じオプション(半額サポート)に加入
  • 次回機種変更時に旧機種の下取り(回収)

 

ソフトバンクでも「次回機種変更時にも同じオプションに加入」がなくなり、下取りだけだせばスマホの本体代金の残りを免除できるように変更になるようです。

 

2年後に機種を買うときにも実質の支払い半額で新機種を買うときには、「半額サポート」に加入する必要があります!

つまり最新のスマートフォンまたはiPhoneを本体代金半額で使いたい場合にのみ、「半額サポート」に加入をする必要があるということです。

 

スマホの本体代金をすべて払うのであれば、半額サポートをいつやめてもお咎めなしということになります。

ソフトバンクもauとドコモと同じように、2年契約解除のときに違約金を払わなくてよい期間(更新月)の延長が発表されています。

2ヶ月間の更新月が3ヶ月に引き延ばしという変更がされるようです。

 

追記2:ドコモは2年契約の期間見直しと料金値下げへ

ふーみん
ふーみん
ドコモは更新月の期間を増やしたり、新プランの発表をしていますね。

ドコモではauやソフトバンクのような、最新機種の本体代金を半額にするキャンペーンはやっていません。

なので契約条件などの見直しは2年契約の解除期間である更新月だけでした。

 

ただドコモはそれ以外に携帯料金の見直し(値下げ)を検討しています。

 

具体的にはまだ発表されていませんが、政府の通告を受けてドコモの現状の料金プランを使った値下げが始まりそうですよ。

契約期間(2年契約)の見直しと一緒に、携帯料金も見直してくれるとはかなり期待できますね!

 

まとめ

auに続いてソフトバンクとドコモも2年契約や縛りの見直しを実施!

総務省の指摘が良い感じに刺さってついにケータイ会社も動き始めましたね。

iPhoneやスマートフォンを買うときに2年縛りがなくなるとデメリットもあるので、一概にすべて良いというわけではありません。

 

でも2年ごとにスマホの乗り換えをしたり、格安スマホに変える予定の人には今後期待したい変化ですよね!

 

あなたの使っているスマホの利用料金を安くしたいのであれば、これを機にいろいろと調べてみるのをオススメします。

スマホの契約期間や使っているプランは定期的に見直して損はないでしょう。

 

【超厳選】2018年秋冬の最強アンドロイド新機種2選! 2018年秋・冬モデルのアンドロイドスマートフォンが続々と発表されていますね。 当記事では数あるアンドロイドスマホの新機種の中でも...
格安SIMで4,000円以上の節約が可能!毎月の料金を節約するための必殺技とは「スマートフォンを使ってもうすぐ2年・・・。」 「毎月の料金をもっと下げる方法ないかな〜・・・。」 そんな悩みを持っているあなた...
ABOUT ME
ふーみん☆彡
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。