スマホ・ガジェット

iPhoneで使えるおサイフケータイの使い方|Apple Pay(アップルペイ)

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

iPhoneでおサイフケータイが使える機種

  • iPhone 7/7Plus
  • iPhone 8/Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS MAX
  • iPhone XR

 

最新機種のiPhoneならApple Pay(アップルペイ)で便利なおサイフケータイを使うことができます。

iPhoneなら面倒な設定がほとんどないApple Payでいつでも簡単決済を使うのがオススメです。

【この記事で学べること】

  1. Apple Pay注目の便利ポイント
  2. 今すぐ使えるApple Payの設定方法(使い方)
  3. Apple Payを使うときの最低限の注意事項

 

Apple Payを使うと今まで以上にスムーズなお買い物ができるようになります。

iPhoneでおサイフケータイを使って支払うときは、Touch ID(指紋認証)またはFace ID(顔認証)を使うだけ!

 

それでは!

Let’s GO〜!!

iPhoneで使えるおサイフケータイ「Apple Pay(アップルペイ)」

少年A
少年A
おサイフケータイとかApple Payってよく聞くけど本当に便利なの?いままでみたいに現金とかSuicaのカードでよくない?

正直に言うと、初めて使うときには設定が必要です。

それが面倒と感じるあなたにはおサイフケータイは少し向いていないのかもしれない。

 

でも一度設定をしてしまえば必ず今よりも便利になります。

これからの便利が大切だ!って感じたあなたには、懇切丁寧に設定方法を教えますからね!

「設定完了!」ってところまでしっかり読んでくださいね(^^)

 

Apple Payならお財布いらずで決済可能!|iPhone おサイフケータイ

さてさて、Apple Payを使ってみようかなと悩んでいるあなたに想像してもらいたいことがあります。

iPhoneでApple Payっていつ使うの?

例えば、あなたがお昼や朝のコンビニで並んでいるとき…

 

飲み物1つとかガムとかの小さなものをちょろっと買いたいだけなのに、意外と待っている人がいる。

自分の前でお会計している人が小銭を探していて、なかなかお会計が終わらない。

そうこうしている間に電車の時間や待ち合わせの時間がもうすぐ!!

 

な~んてことないですか?

これはボクもかなりの回数経験があります。

iPhoneでおサイフケータイを使えば一瞬!

「支払いは”QUICPay”で、レシート要らないです。」

・・・

シャリーン(決済音)

 

退店

 

iPhoneでおサイフケータイを使えば、文字通りお会計は一瞬で終わっちゃいます。

コンビニとかスーパーの店員さんも、ボタンを押すだけだからめっちゃ楽ですよ。

 

あなたがお会計を待っているときに、日本中のみんなのお会計が一瞬で終われば、並んで待つなんてこともなくなるのにって思ったことはありませんか?

 

せっかくこの記事にたどり着いたからこそ、iPhoneでおサイフケータイ(Apple Pay)を使って時間短縮生活をできるようになっていただきたい!

Apple Payの設定方法:iPhoneでおサイフケータイの使い方

少年A
少年A
設定とかって結構めんどうだよね。アカウントがどうたらこうたらとか・・・。

そうそう、何か設定するときって絶対にパスワードが必要だったりとか面倒なイメージがかなりあるんですよね。。。

でもすでにiPhoneを使っている方はアカウントの設定とか何もないのでまったく面倒じゃないですよ。

Apple Pay(アップルペイ)の設定方法|iPhone おサイフケータイ

ではさっそくApple Payを使うための下準備をしていきましょう!!

お手元に用意してもらいたいのはコチラ…

Apple Pay設定に必要なもの|iPhoneでおサイフケータイ

  • iPhone
  • おサイフケータイに登録したいSuica/PASMO
  • おサイフケータイに登録したいクレジットカード

 

以上の3つです。

交通系ICカードのSuicaとPASMOについてはカードが無くてもiPhone上で使うことができます。

それは後半のポイントで書きますね。

 

iPhoneの設定で「Apple Pay」オンになっているか確認!

iPhone上にある「Wallet」アプリを開いて「カードを追加」

カード情報を入れて「同意する」

これだけです。

しかもこれは少し難しい方のやり方なんですよ。

 

※通常は「カードを追加」を押したあとにカメラが起動してクレジットカードをカメラで読み込む画面になります。

カードをカメラで写すだけなのでさらにカンタンです。

Suicaの場合、「Suicaアプリ」から新しくSuicaを作ってApple Payに登録することができます。

 

作るといっても、Suicaのカードを発行するときと同じで「名前」「生年月日」「連絡先」を入力するだけでカンタンに作れます。

アプリを持っていない方はダウンロードしてから試してくださいね!

 

※カードに残っている残高を引き継ぎたい場合は読み込む方法を使ってください。

iPhoneでApple Pay(アップルペイ)にカードを登録するときの注意

ここまで読んだあなたならApple Payを使うイメージも使う準備も完了ですよね。

Apple Payを使うときに気をつけるべき点は2つだけです。

  1. 設定前のiOS(ソフトウェア)のバージョン
  2. Apple Payの中でどんなマークがついているか

 

どのスマホもそうなんですけど、ソフトウェアのバージョンというのがあります。

これは使っているスマホのシステム、水筒でいうところの「水とかお茶」、弁当でいうところの「おかず」的存在です。

(それの上位互換みたいな感じです。)

 

Apple Pay(アップルペイ)を使うためには「iOS 10.1」以上のソフトウェアになっていなければいけない。

 

これは「設定」⇒「一般」⇒「ソフトウェア・アップデート」でチェックできます。

あれ?使えないな~って思ったらまずそこを確認してみてくださいね。

 

そして「Wallet」アプリで登録したカードをみるとわかるんですけど、こんなマーク

があります。これがApple Payで実際にお会計をするときに使う決済サービスです。種類は「iD」、「QUICPay」、「Suica」です。

 

※支払うときに「〇〇で支払います。」と店員さんに言う必要があるので、事前にチェックしておきましょうね!

まとめ(感想)

1度だけ設定をすれば、簡単に使えるiPhoneでおサイフケータイ!

Apple Payは一度設定してしまえば、スマホ初心者のあなたでも、超現金ユーザーのあなたでも絶対に便利に使ってもらうことができます。

ボクはApple Payが使いたかったからiPhone 7を買って、iPhone Xに落ち着いている最近です。

 

カードの登録だったり、Apple Payを使うための設定はとてもカンタンなので、使ってみても損はないですよ。

むしろキャッシュレス生活の第一歩になるので、これからの生活スピードも必ず変わります。

 

あなたもApple Payになれたら、あなただけで止めずに家族とか友だち、同僚にこの便利さを教えてあげてみてはいかがですか?

ABOUT ME
アバター
ふーみん☆彡
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。