スマホ・ガジェット

【検証】SIMロック解除のデメリットとは|SIMフリーだとできないことは?

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

17歳のとき、アメリカでの留学経験の末に身につけた「スマホのSIMロック解除(SIMフリー化)」の知識がここにきて大活躍しています。

本題の前に・・・

アメリカに留学した当初、英語がまったくわからなかったボクは、誰の力も借りずにケータイショップに行って英語を使ってなんて到底できませんでした。

 

つまりその間連絡手段はホームステイ先のWi-Fiを使って、自分のパソコンからSkypeをするくらい。。。

 

「英語が話せなくてもケータイを使える方法はないか」と調べた結果、当時使っていたiPhoneをSIMフリー化して使う方法を見つけました。

  • SIMフリーでスマホを使うのは危険なのか・・・
  • 費用はどれくらいかかるのか・・・
  • どうやってSIMロックを解除するのか・・・

 

などを調べ上げ、今ではSIMフリーのことならなんでも知ってるくらいになりました。

 

SIMロック解除とかSIMフリーは危険(デメリット)なのか!?

 

SIMロック解除についての知識がないとどうしても「SIMロック解除は怖い」というイメージがありますよね。

でもちゃんと知ってみると、SIMロックを解除して使う方が便利だし費用も抑えられるようになるんです。

【この記事で学べること】

  1. SIMロック解除・SIMフリーのメリットとデメリット
  2. 事前に気をつけよう!SIMロック解除の注意事項
  3. SIMフリーでスマホの代金を抑える豆知識

 

結論からいうと、SIMロック解除(SIMフリー化)はしておいて損はありません。

  • スマホの契約をいつでも変えられる
  • 格安SIMで毎月のコストを抑えられる
  • 中古で販売ができる(価値が少し上がる)
  • 費用は特にかからず

 

こんな感じでSIMロック解除にはほとんど危険なことはありません。

ですが、SIMロック解除をする前に知っておくべき注意点などはあるのでご紹介していきますね。

 

それでは!

Let’s GO〜!!

 

SIMロックを解除とは|デメリットはある?

ふーみん
ふーみん
SIMロック解除とはあなたのスマホをSIMフリーにするということですよ!

そもそも最近よく聞くようになったSIMロック解除ってどういうことなのか、まずはここから解説していきますね。

 

SIMロック解除とはスマホのSIMフリー化

そもそもSIMロックとかSIMフリーとかなんぞや?という方はここからお読みください。

(※そうでない方はスキップしてもらって大丈夫です。)

 

日本の3大携帯会社であるドコモ・au・ソフトバンクから販売されているケータイやスマートフォン(もちろんiPhoneも)には販売された会社以外で通信ができないようにする「SIMロックというのがかかっています。

※携帯3社以外から発売されたもの以外でも基本的にはSIMロックがかかっています。

SIMロック(シムロック):

スマートフォンの発売元会社以外で通信(電話やインターネット)をできなくするための制限機能。

 

どこの会社もこれをすることで、「auで買って、すぐにソフトバンクへのりかえる」みたいな使い方を防止していたんです。

基本的には販売されているほとんどのスマホにSIMロックがされているので、このSIMロックを解除しないと買った会社以外で使うことはできません。

 

ヨドバシカメラやビックカメラのような家電量販店でSIMフリースマホを販売されています。

SIMフリーのスマホやiPhoneにはSIMロックがかかっていないので、買った時点でどこでも使えるというわけです。

ちなみにSIMフリーのiPhoneなどを持ち込んで契約をしようとすると、ほとんどのお店は嫌がります。

デメリットってわけではないのですが、SIMフリーのiPhoneで契約をするなら格安SIMにした方がいいですよ!

※海外に持っていこうと考えているかたは、家電量販店でSIMフリースマホを買っても使えない場合が多々あるので注意が必要です。

(アンテナの周波数などの問題により通信ができない仕様になっています。)

 

【ソフトバンク、au、ドコモ】無料でSIMロック解除する方法

ふーみん
ふーみん
SIMロック解除にはデメリットほぼなし!無料で解除可能!

「携帯会社から買ったものはいつまでたっても他の場所で使えないの?」かというとそうでもありません。

もちろん販売会社によって異なりますが、ある条件をクリアするとSIMロックを解除していろいろな会社で使うことができるようになります。

 

ここに書いてある条件をクリアすればほとんどの人は大丈夫なので、ご安心してお読みください。

SIMロック解除のデメリットはほとんどないので、あなたの契約している会社ごとに正しい手続きをしてくださいね。

 

NTTドコモのSIMロック解除・SIMフリー条件

  1. 2015年5月以降に発売された機種であること
  2. 契約者本人の購入履歴があること
  3. 購入から100日以上経過していること(特例あり)
  4. 解約から100日以内にSIMロック解除をすること
  5. ネットワーク利用制限にかかっていないこと

 

以上がドコモでSIMロック解除するときの条件です。

細かいところの補足をしていきますね。

SIMロック解除条件|補足

 

1.「2015年5月以降に発売された機種」iPhone6Sが出た時期が目安となります。

それ以外にも古い機種であればSIMロック解除する場合があります。

詳しくはドコモ公式ホームページをご覧ください。

 

3.「購入から100日以上経過」には特例が2つあります。

★1つ目は以前にSIMロック解除したことがあり、そこから100日以上経過している場合です。

★2つ目は購入機種を一括払いしている場合です。

上記の場合には、すぐにSIMロック解除をすることができる仕組みになっています。

 

auのSIMロック解除・SIMフリー条件

  1. 2015年4月23日以降に発売された機種であること
  2. 契約者本人の購入履歴があること
  3. 購入から101日目以降であること(特例あり)
  4. 解約から100日以内にSIMロック解除をすること
  5. ネットワーク利用制限にかかっていないこと

 

ドコモに比べて少し違いがありますが、ほとんど同じですね。

補足事項もほとんど一緒でしたが、すこし違う部分があるので記載しておきます。

SIMロック解除条件|補足

 

1. 「2015年5月以降に発売された機種」iPhone6Sが出た時期が目安となります。

それ以外にも古い機種であればSIMロック解除する場合があります。

詳しくはau公式ホームページをご覧ください。

 

3.「購入から101日以上経過」には特例が2つあります。

★1つ目は以前にSIMロック解除したことがあり、そこから101日以上経過している場合です。

★2つ目は購入機種を一括払いしている場合です。

上記の場合には、すぐにSIMロック解除をすることができる仕組みになっています。

 

ソフトバンクのSIMロック解除・SIMフリー条件

  1. 2015年4月23日以降に発売された機種であること
  2. 契約者本人の購入履歴があること
  3. 購入から101日目以降であること(特例あり)
  4. 解約から100日以内にSIMロック解除をすること
  5. ネットワーク利用制限にかかっていないこと

 

ソフトバンクのSIMロック解除条件もドコモ、auとほとんど同じです。

SIMロック解除条件|補足

 

1.「2015年5月以降に発売された機種」iPhone6Sが出た時期が目安となります。

それ以外にも古い機種であればSIMロック解除する場合があります。

詳しくはソフトバンク公式ホームページをご覧ください。

 

3.「購入から101日以上経過」には特例が2つあります。

★1つ目は以前にSIMロック解除したことがあり、そこから101日以上経過している場合です。

★2つ目は購入機種を一括払いしている場合です。

上記の場合には、すぐにSIMロック解除をすることができる仕組みになっています。

 

SIMロック解除(SIMフリー)するときの注意&デメリット

ふーみん
ふーみん
注意点とデメリットをお伝えしますね!

あなたがSIMロック解除(SIMフリー化)をするときに、気をつけておくべき点は全部で3つほどあります。

  1. SIMロック解除時の費用
  2. SIMフリーだと動作保証対象外
  3. 格安SIMではAPN設定が必要

 

SIMロックを解除したからといって、今使っているスマホが使えなくなったりなどのデメリットはとくにありません。

ですが、知っておかないといけない注意点はあるので、それぞれ紹介していきますね。

 

注意その1:無駄な手数料を払わないように!

手続きの方法は会社によって違いますが、共通しているのが使っているスマートフォンから解除する方法とケータイショップで解除する方法です。

そのときにスマートフォンからの解除は無料でできるのですが、店頭の解除では3000円+税の手数料がかかります

 

条件クリアしているからロック解除をしてもらおうとお店にいって手数料が・・・、と、ならないように注意しましょう!

 

注意その2:SIMフリーは保証の対象外

店頭の場合だと担当者から案内があるものですが、SIMロック解除後の動作保証についてです。

よくある話ではないんですが、あなたがSIMロック解除をしてから…

  • 「SIMカードが反応しない!」
  • 「通信ができなくなった!」

 

などがもし起こったとしても、スマホやiPhoneの動作保証がなくなります。

 

つまり「解除したら何かあっても責任取りませんよ」というスタンスになるのです。

まぁ基本的にロック解除したからといって使えなくなるなんてことはないので、心配はいりません。

もしショップの人に言われても、驚かずに手続きを進めてもらってくださいね。

 

注意その3:格安SIMを使うときはAPN設定が必要!

最後の注意点はSIMロックを解除したときというよりも、SIMフリースマホとして使用する際の注意点です。

手続きは前述の通り、各キャリアごとにケータイショップなどで行うのですが、 格安SIM を使う場合には必ずAPN設定が必要になります。

これをしないとスマホがSIMフリーとして使えないだけでなく、契約しているのに通信など諸々が使えないので注意しましょう!

  1. 店頭でSIMロック解除をする場合は手数料が3,000円+税
  2. 解除すると通信動作保証がなくなる
  3. 格安SIMなどでAPN設定をしないと使えない

知らないと困ることがあると思うのでしっかりおさえておきましょう!

 

格安SIM(格安スマホ)のAPN設定とは

APN設定とは:

スマートフォンでインターネットやメールサービスを使うために必要な設定です。

 

契約する格安SIMの会社によって設定方法が異なります。

APN設定をするときは、使えるスマホやパソコンなどで「契約会社名 APN設定」と検索しましょう!!

 

格安SIMを提供している各社APN設定のマニュアルを用意していますので、設定はカンタンにできますよ。

 

【解説】SIMロック解除(SIMフリー)の方法

ふーみん
ふーみん
SIMロックの解除方法はとても簡単です。

SIMロック解除はスマホ(iPhone)から手続きをするのが圧倒的にオススメです。

解除のやり方もとても簡単なんですが、まず必要なものは2つあります。

(SIMロック解除の対象機種の条件はクリアしているものとします。)

  1. 端末の製品番号
  2. もとの会社との契約

 

この2つが揃ったらあとは、それぞれの会社の専用ページでSIMロック解除をするだけですよ!

ドコモでSIMロック解除

auでSIMロック解除

ソフトバンクでSIMロック解除

 

SIMロック解除に必要なもの1:製品番号(IMEI)

あなたが使っているスマホの製造番号はアンドロイドスマートフォンiPhoneかで確認方法が違うので気をつけてくださいね!

  • スマホ:設定→端末情報
  • iPhone:設定→一般→情報

 

製造番号を確認したらメモしておいてくださいね。

SIMロック解除をするときに、製造番号を入力することになるので気をつけてください。

 

SIMロック解除に必要なもの2:会社との契約

スマホのSIMロック解除をする前にドコモ、au、ソフトバンクとの契約を解約してしまうと、無料でSIMロック解除ができなくなるというデメリットがあります。

 

なのでSIMロック解除をしてから解約という順番を忘れないでくださいね。

 

SIMロック解除(SIMフリー)はスマホの料金を抑えられる

ふーみん
ふーみん
SIMロック解除して格安SIMを使う人が急増していますよ!

SIMロック解除のデメリットはなくても、メリットはたくさんあります。

あなたの前述したSIMロックの解除条件を満たしているなら、とりあえずSIMロック解除しておいていいかもしれませんね。

 

SIMフリーにしておけば、いつでも格安SIMに変えられる

SIMロックを解除しておけば、いつでも格安SIMに変えることができます。

  • ソフトバンクの2年契約が終わったら・・・
  • 1ヶ月に20GBもネット使わないから安くしたい・・・
  • auの料金が高いから・・・

 

などなど、理由はいろいろあるはず。

 

ソフトバンク、ドコモ、auから格安SIMに変えることで、あなたの毎月の料金は3,000円代まで下げることだってできます。

いまあなたが支払っている料金は本当にあなたの使っている量と合っているのか・・・。

 

海外旅行や出張に最適なスマホはSIMフリーのiPhone

海外に旅行や出張に行ったとき、ケータイはどうしようという悩みをよく聞きます。

 

※日本のスマホをそのまま海外で使うと「海外パケットし放題」や「国際通話」で高額な使用料金が発生するので要注意!!

 

海外でも便利にそしてお金をかけずに使うためには、SIMフリーのスマホやiPhoneが最適です。

これにはわかりやすい理由があります。

  • スマホやiPhoneの中のデータがそのまま残っている
  • 海外で使うための手続きがとてもカンタン
  • 帰国後に返却などもないので、使ったあともラクラク

 

海外に行っても日本にいるときと同じように、電話ができてネットができる。

そしてスマホの費用も抑えるためにSIMフリーにしておくのが良いですよ!

 

 

番外編:SIMロック解除すると使えなくなるもの

ふーみん
ふーみん
大手では”ある”けど、格安SIMでは”ない”ものがあります。

SIMロック解除をしたあとに格安SIMに切り替えると、今使えているけど使えなくなるものがあります。

これも使っていない人にとってはデメリットになることはないので、あなたに必要なのかをしっかりと確認してくださいね!

 

デメリット1:+メッセージ(プラスメッセージ)が使えない

2018年に始まった新しいSMSサービスの「+メッセージ(プラスメッセージ」をご存知でしょうか。

 

相手の携帯電話番号だけあれば、メールのやりとりができるのがSMS(ショートメッセージ)でした。

そのSMSがLINEのようにだれでもカンタンに使えるように進化したサービスがプラスメッセージです。

 

文字数制限もゆるくなって、スタンプも使えるので今までよりも便利に!

そしてスマホの使い方がいまいちわからないあなたでもカンタンにLINEみたいなメッセージが使えるんですよ。

 

SIMフリーのスマホやiPhoneでもプラスメッセージは使える!

格安SIMにしてしまうとプラスメッセージを使うことはできなくなります。

ただ、SIMロック解除をしてSIMフリー端末にしただけでは、今まで通りにプラスメッセージを使うことができます。

  • アンドロイドスマホ → 「Playストア」
  • iPhone → 「App Store」

 

基本的にはこの2ヶ所でアプリをダウンロードするので、あなたが使っている本体がSIMフリーでも関係なく使えます!

 

ソフトバンク、ドコモ、auのいずれかで契約を続けていれば、プラスメッセージは使うことができるわけです。

 

デメリット2:キャリアメール(アドレス)が使えない

  • @docomo.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp
  • @softbank.ne.jp

 

こういうメールアドレスって、今でもまだ使っている人はいるはずですよね。

ドコモ、au、ソフトバンクでスマホの契約をしているから使えるキャリアメールなんですが、SIMロック解除をして格安SIMにすると使えなくなってしまいます。

 

学校との連絡だったりネットショッピングなどで登録をしているあなたは、事前にメールアドレスの変更などをしておくことをオススメします。

 

まとめ

SIMロック解除にはデメリットはほぼない!

SIMロック解除をしようか悩んでいるあなたは、手続きをする前の注意事項さえ知っておけば大丈夫です。

 

SIMフリーにして使えなくなるものもないので、お試しで気軽にSIMロック解除をしても良いでしょう。

ボクも新しく買った機種は条件の期間になったらすぐにSIMロック解除をしています。

(※WEBからカンタンにできるので、便利です。)

ABOUT ME
アバター
ふーみん☆彡
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。