JIFU(ジフ)副業

JIFU(ジフ)を使う3つのデメリットを徹底解説|会員数が伸びていく旅行サイトを丸裸!

料金が安い旅行サイトであるJIFU(ジフ)ってデメリットはあるのかな?

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

どんなに良いサービス(商品)でも、使うときのデメリット注意点ってつきものです。

数ある旅行サイトの中で”最安値”を打ち出しているJIFU(ジフ)にも、デメリットがまったくないはずがありませんよね。

 

当記事は、JIFU(ジフ)のデメリットや注意事項を知りたいってあなたのために、考えられる3つのデメリットを解説していきます。

ジフ会員の登録を迷っているあなたや、ジフ会員をもっと知りたいって方はぜひ参考にしてください。

【この記事で学べること】

  1. JIFU(ジフ)の安さの秘密
  2. JIFU:3つのデメリット(注意点)
  3. 会員制サイトJIFUの活用方法

 

先にお伝えしておくと、JIFU(ジフ)のデメリットはほとんどありません。

これから紹介する3つのデメリットは、「デメリット」っていうよりも注意点・留意点に近いんです。

ただ、ジフ会員として旅行の割引を使う前に、1度だけでも確認しておいてほしいです!

 

それでは!

Let’s GO〜!!

デメリットがあるの?旅行のJIFU(ジフ):基本情報

アメリカに拠点を置く新しい旅行サイト「JIFU(ジフ)」

デメリットの解説をする前に、まずはJIFUって一体どういうものかをサクッとお伝えしていきますね。

 

JIFU(ジフ)とは、簡単に言うと旅行を予約するウェブサイトです。

日本だと「じゃらん」とか「楽天トラベル」とかですが、ウェブを使わない方は旅行会社に行ってツアーを決めたりしますよね。

 

そしてJIFUの新しいところは”最安値”を売りにしている会員制の予約サイトというところなんです。

文字通り、他社の旅行サイトに比べて旅費を抑えながら同じ部屋を予約できるっていう仕組みになっているんですよ。

同じ質の旅行が少し安くできるっていうのに良さを感じる方が多いので、世界中で会員数を伸ばしているっていう様子。

 

2019年6月から日本向けのサービスを開始していますが、日本でも旅行利用者の会員数がどんどん増えていますね。

 

もしあなたが定期的に旅行をするってライフスタイルを過ごしているなら、JIFU(ジフ)のサイトは間違いなく役に立つはず。

ジフは今までと比べて我慢なく旅費を節約できるので、そういう意味でデメリットは特にないですよ。

JIFU(ジフ)の秘密は某家電量販店の”他社徹底対抗”と同じ

もう少しJIFU(ジフ)が他社に比べて最安値になる秘密を解説していきます。

(デメリットが知りたいって方は読み飛ばしてくださいね!)

 

某家電量販店の「ヤ◯ダ電機」ってあなたは知っていますか?

この電気屋さんでよく目にするのが、”他社徹底対抗!最安値!!”のような広告ですね。

電気屋さんが他社に比べて商品価格を値引きできる理由って、会社の利益になる部分を削っているからです。

 

JIFU(ジフ)で予約をする旅行が他のサイトよりも安くなる理由はまったく同じ。

他社の旅行サイトはすべてもともとの予約価格に、会社への利益や広告費を上乗せして予約サイトに載せています。

ジフは会社の利益や広告費をなしとして、ホテルなどの予約価格をそのまま載せているので安くなるわけです。

 

【解説1】JIFUのデメリットはウェブサイトの使いやすさ

アメリカ発で世界の旅行ユーザーには使いやすい仕様になっているジフですが、日本人向けのウェブサイトとしてはまだまだ使いにくいのが現状です。

2019年6月から日本人向けのサービスをスタートしたので、仕方ないといえば仕方ない気もします。

 

でもやっぱりジフのメリットである料金の安さだけではなくて、予約の手軽さは絶対に必要になってくるはず。

料金を比較したり旅行先のホテルなどのことを調べるってことを考えると、予約ページ全体の見やすさやホテルの情報は簡単にわからないと物足りないかなって思ってしまいますからね。

 

日本人ユーザー向けのウェブサイトやアプリの仕様日本語対応は、JIFU(ジフ)がこれからユーザーを増やすときの鍵になってきそうです。

2019年7月時点では、日本語ページとウェブサイトは他社に比べて少し使いにくいという印象ですので、ジフを使う前に覚えておいてくださいね!

 

ウェブサイトは随時アップデート!|JIFU デメリット

今はジフのデメリットと言えるウェブサイトの仕様ですが、こちらは随時アップデートが入り改善していくことがわかっています。

 

日本人向けというのはざっくりしていますが、細かくまとめると下記の部分が強化されるといいですね。

  • 日本語翻訳
  • 日本語検索
  • サイトの見やすさ
  • 検索のしやすさ
  • モバイル対応
  • アプリ対応
  • 部屋の画像引用

当然、どんどん増えている日本人ユーザーがさらに増えれば、上記のような日本人ユーザーにとっての使いやすさは無視できなくなるはずです。

 

現状は他社サイトに比べて料金面で優れた部分を見せているジフが、旅行サイト自体の強化で利便性を高めていくことを期待します。

JIFU(ジフ)のCEO(社長)ブラッド氏は愛日家なので、サイトが日本人向けになったり日本語対応が充実するのは時間の問題です。

日本の滞在経験や日本語を話せるくらいの方なので、日本人向けのサイト強化は楽しみに待つとしましょう。

【解説2】勘違いされやすいJIFUの仕組みがデメリットに?

JIFU(ジフ)のデメリットになるかもしれないポイントが、ネットワークビジネスの仕組みを使っているという点です。

  • MLM
  • ネットワークビジネス

世の中ではこういう名前を聞くと、マイナスなイメージをする方が多いんですよね。

 

JIFU(ジフ)は旅行を安く予約できるという特徴の他に、ネットワークビジネスの仕組みを使って紹介報酬制度を設けているんです。

つまりあなたがジフの会員として旅行予約をしていて、あなたの友達や家族にジフを紹介してユーザーになると何らかの報酬がもらえるということ。

 

実は、ジフが会員数を伸ばしている理由は、旅行の料金メリットとネットワークビジネスの仕組みの両方があるんです。

なので中には旅行を利用せずに「副業ビジネス」として取り組む人も出てくるでしょう。

 

ネットワークビジネスの業界ではしつこい勧誘とかネズミ講とかの悪評が絶えないので、JIFU(ジフ)のサービスが良いものだったとしても誤解を招くかもしれません。

MLMやネットワークビジネスはもちろん合法なのですが、誤解というデメリットはやっぱり拭きれないですからね。

 

あなたにとっては本当に良いサービスって思っていたとしても、あなたの周りからは何か言われるかも・・・っていうデメリットがありますよ。

 

ジフは勧誘のない”純粋なユーザーメリット”が特徴|JIFU デメリット

誤解を招くっていうのは、ボクもあなたもどうしようもありません。

なので、もしあなたがJIFU(ジフ)で予約して本当に安くなった!って経験ができたら、それを誰かに紹介する必要はないんですよ。

あなたがジフ会員として旅行のときに使っているだけでも、ジフユーザーは勝手に増えていきます。

 

正直いうと、ビジネス目的じゃない方は「あ、前のサイトよりもちょっとお得になったな〜」って感想だけ胸にしまって、ジフを使い続けるのがオススメです!

 

もしネットワークビジネスの仕組みの良さを知っていて、「副業ビジネスとして取り組みたい!」って感じたのであれば、旅行好きなお友達や家族に話してみるといいですね。

他のネットワークビジネスと違ってガツガツ勧誘をするという感覚は捨てた方がいいと思います。

JIFU(ジフ)のサービスが本当に良いものだって感じてるのであれば、ウェブサイトを教えてあげるだけなので気軽に話すくらいがオススメですよ。

【解説3】JIFUは無料ではなく有料会員の旅行サイト

3つ目はデメリットというよりも、ジフを使うときの注意点です。

  • Expedia
  • Booking.com
  • Hotels.com
  • じゃらん
  • 楽天トラベル

日本人が旅行を予約するときに使っているほぼ全てのサイトが無料で使えます。

ただ、JIFU(ジフ)の旅行サイトは有料会員で使うサイトだってことを覚えておいてくださいね。

 

ジフの有料会員は5種類あります。

  1. 愛用者(ユーザー):25ドル/月(約2,500円)
  2. シルバー:30ドル/月(約3,000円)
  3. ゴールド:40ドル/月(約4,000円)
  4. プラチナ:80ドル/月(約8,000円)
  5. ダイヤモンド:120ドル/月(約12,000円)

ジフはビジネスとしてもできるよって前述しましたが、旅行だけで使うときは間違いなく愛用者(ユーザー)会員で大丈夫です。

 

「旅行が安くなる!」ってお得な部分はありますが、有料会員制サイトのジフであるというのは忘れないように注意してくださいね!

 

ユーザー会員費よりも旅行割引の方が高額になる!|JIFU デメリット

「結局、有料会員だから旅費が安くなるんでしょ」って感想を持つ方は少なくないはずです。

もちろんジフは有料会員だから旅費を安くおさえて旅行にいけます。

ただ、大切なことをお伝えしておくと、定期的に旅行にいく方なら月会費よりも割引額の方が大きくなるんです。

 

逆をいうと、1年に1回で何泊もしない旅行にしか行かないのであれば、ジフの会費の方が高くなってしまうということになります。

 

ジフの有料会員の費用(毎月25ドル)は、1年間で6泊以上旅行をする予定の方にメリットが大きいです。

無料会員の他社サイトで旅行予約をするよりも、有料会員費+旅費の割引を計算したときにユーザーにとってプラスになるということ。

つまりあなたやあなたのまわりの人たちの旅行回数によって、ジフの有料会員がデメリットになるかメリットになるか変わるってことですよ!

 

会員費デメリットを6ヶ月間なしにする”バディパス”|JIFU デメリット

JIFU(ジフ)には「バディパス」という仕組みがあります。

(これが凄すぎて会員数の伸びが止まらない模様・・・)

 

バディパスとは簡単に言うと、無料で使える割引券を配れるものなんです。

もしあなたがジフ会員であれば、バディパスをあなたの友達や家族に無料で配れます。

逆にあなたがジフに興味があるのでれば、誰かのバディパスを無料でもらえるってことなんですよ。

 

バディパスの特典は大きく3つあります。

  1. 初回50ドル(約5,000円)が無料
  2. 月額25ドル(約2,500円)が半年間無料
  3. ジフの旅行予約が使える

つまりジフの愛用者(ユーザー)会員費を6ヶ月無料にしてくれて、しかもジフで割引された旅行予約ができるということですね。

シルバー会員以上のビジネス的にも使う予定がないのであれば、まずはバディパスをもらってジフを体験してみるのがオススメです。

 

会員によってバディパスを配れる枚数が限られているので注意してください。

実はバディパスって、1ヶ月間に◯枚って制限に達すると、翌月までは配れないんです。

(ユーザー会員の人は1ヶ月に5枚まで!)

JIFUのデメリットを有効活用!副業として取り組む方法

前述したジフの有料会員の中で、シルバー会員以上が旅行+副業って形で参加したい人向けになっています。

 

ジフはネットワークビジネスの仕組みを採用しているので、あなたが誰かにジフをオススメすれば報酬をもらえるかもしれません。

つまりあなたが感じたジフの旅行体験を、旅行好きな誰かに伝えてユーザーを増やしていくってことですね。

 

ただ、シルバー会員以上の月会費はユーザー会員に比べて高いので気をつけてくださいね!

ちなみにシルバー会員以上で副業としてもやっていこうって考えている方には、ゴールド以上のプランがオススメです。

  • バディパスの配布可能枚数が多い
  • 報酬の仕組みが多く使える
  • 報酬アップにつながる

 

仕事のかたわらでジフを広めようって考えているのであれば、ゴールド会員以上の方が結果につながりやすいからですね。

まぁ1番はバディパスがたくさん配れるってところで、バディパスで体験人数を増やすことで会員数アップの入り口を作れます。

 

  • 自分でジフを体験する
  • バディパスで体験してもらう
  • 一緒に旅行にいく
  • ユーザーが増える
  • 副業として報酬をもらえる

上記みたいな流れでイメージしてもらうのがいいと思います。

使ったら一発でわかる良いサービスは、勧誘ってよりもただ紹介するだけで勝手に会員が増えていきます。

そのきっかけ作りを副業としてやるくらいの感覚がオススメですよ!

最後に・・・

JIFUのデメリットはそれほどなさそう!?

日本で新しい旅行サイト「JIFU(ジフ)」で、デメリットになり得る部分をピックアップしてみました。

正直いうと、ボク個人的には「サイトの使いやすさ」 を最優先で改善していってほしいなって思っています。

ボクも旅行ユーザーとしては、比較と予約の簡単さは絶対条件なので、料金が安いのはうれしいですが、もっと使いやすくしてほしいな〜って感じです。

(欲張りなんですかねww)

 

2019年6月から日本でスタートしたJIFUは、まだまだ発展途上の旅行サイトです。

今は料金面での圧倒的なメリットがありますが、これから進化していくのが楽しみですね。

 

もしサイトの使いにくさが引っかかるのであれば、今無理に会員にならなくて良いと思います。

サイトの改善は今年中にかなり進むはずですので、そのときからのジフ会員になって安くて利用しやすい旅行を楽しんでください。

 

もし副業としてやるなら・・・今のうちがいいかな〜って思いますよ。

発展途上のうちから体験して研究できていた方が、ジフが流行ったときに体験者・知識人になれますからね!

JIFU会員になる

ABOUT ME
ふーみん☆彡
ふーみん☆彡
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。
会社員×副業

知識・経験ゼロから副業でサラリーマンの給料を超えた実体験を配信中〜。

顔出しなし、初期投資なしでもできる副業のお役立ち情報を随時記事にしています。記事の更新情報や直接聞いてみたいって方はぜひLINE@で友だち追加をお願いします!

>>LINE@>>記事を読む