MENU
スマホの契約内容

携帯の”2年縛り廃止・違約金1,000円以下”はいつから?|2年契約の規制まとめ

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

総務省の規制で2年契約(2年縛り)の緩和が本格的にスタートします。

2年縛りがなくなる時期2年縛りがなくなったあとの料金プランを見てみましよう。

 

2019年夏から2年縛りのないプランや、2年縛りの解約金が緩和されたプランが登場し携帯業界が大きく変わります。

携帯の2年縛り廃止の動き2年縛りに騙されない方法について徹底解説します!

【この記事で学べること】

  1. 携帯の2年契約廃止:内容まとめ
  2. 2年縛りの怖さと対策方法
  3. 携帯の2年縛りを回避するコツ

携帯の2年契約のせいで、最後の使用料30,000円・・・。

あなたも2年契約のせいで、携帯の契約最後の請求が高額に、なんていう経験あったのではないでしょうか。

せっかく便利にスマホを使っていたのに、解約になったときの 「解約金」「2年縛り」「自動更新」みたいにわからないことだらけになっていませんか?

 

先にお伝えしておくと、2年契約(2年縛り)がわからないのはとても危険です!

「前回スマホを買い替えたときに無料ということで契約していた”写真たて”が、気が付いたらお金がかかっていた。」って経験ありませんか?

 

そしていざ解約をするためにショップに行ったら、解約金が1万円かかりますって・・・。

「どいうこと!?」

という悩みや疑問をわかりやすく解説します。

 

2年契約(2年縛り)をしっかりと理解して、無駄に高額な利用料を支払わないように注意してくださいね。

 

それでは!

Let’s GO~!!

オンラインショップで機種変更

ドコモ・au・ソフトバンクで機種変更をするなら、オンラインショップで手続きがオススメです。

  • 特典あり!
  • 待ち時間なし!
  • 無駄なオプションなし!
  • 在庫切れなし!

ケータイショップ(店舗)で機種変更をするよりも、簡潔に手続きを完了させられますね!

▶︎ドコモオンラインショップで探す

▶︎auオンラインショップで機種を探す

▶︎Softbankオンラインショップで探す

▶︎Y!mobileオンラインストアで探す

【共通】ドコモ・au・ソフトバンク:2年契約(2年縛り)とは?

ある日ケータイショップへ使わなくなった携帯(ポケットWi-Fiなど)を解約しに行ったとき…

お客さん
お客さん
すいません。

携帯電話の契約を「解約」をしたいのですが…

かしこまりました。

まず「自動更新」になっておりまして、「更新月」ではないので、「解約料が9,500円」が最後の請求に合算されます。

あと本日解約しても「当月分の使用料は満額」発生致しますのでご承知ください。

 

このやりとりのあと、最後の使用料の引き落としが2万円や3万円になってしまって、支払いに困ったというケースをよく耳にします。

あえて会話の中の重要なワードを太赤字にしておきました。

 

2年契約や解約料などをしっかりと理解するために、1つずつ解説していきましょう。

携帯:2年契約の「自動更新

スマートフォンやおうちのインターネットなどの契約時に、2年や3年という契約期間が決められています。

 

基本的に契約者自身が「契約解除(解約)」などの手続きをしないと自動的に更新されます。(スマホやネットのほとんどは2年間の自動更新です。)

例)2年自動更新の場合は2018年3月がすぎると2020年の3月が次の更新となる。

 

携帯:2年契約してるときの「更新月

携帯の2年契約を解除(解約)することができる「決められた時期」を意味します。

基本的に更新月は2年や3年に1回、1ヶ月~3ヶ月間というように決まっています。

例)更新月:2018年3月1日〜4月30日 ⇨ 2020年3月1日〜5月30日

 

携帯:解約のときに支払う「違約金

「違約金」とも呼ばれることがありますが、契約をやめる際に支払う手数料です。

契約プランやスマホやWi-Fiの契約している会社によって変わることがありますが、基本的には9,500円(+税金)です。

 

※更新月に解約する場合のみ支払いを回避できます!

 

解約時にはスマホの利用料金が満額かかる

スマホや携帯を解約するときには、スマホの使っているいないに関係なく1ヶ月分の使用料金がかかります。

「なんで1ヶ月分かかるんだ!!」って思いますよね。

これは何を言っても変わらないみたいです。(総務省はここも問題視していますけどね・・・。)

 

例)月末締めの契約

7月1日に解約をしても7月31日に解約しても、1ヶ月分の利用料金がかかる。

 

実は今説明したワードはすべて、スマホやWi-Fiを契約するときに聞いているんですよ!

聞いてないよ!って感じですか?

でもこれは契約のときに説明の義務があるので、必ず聞いているんです。

(もしかしたら、店員さんが説明してないのかもね・・・。)

 

ちなみに、いままでは更新月が1ヶ月とルール付けされていました。

ただ、今回は総務省の珍しい活躍によって携帯大手3社(ドコモ・au・ソフトバンク)に行政指導が入り、音声端末(スマホやガラケーなど)の更新月は2ヶ月間に変更になりました。

 

国が動くレベルということは、携帯の2年契約違約金などで困っている人がたくさんいるということですね。

あなただけではない!ってことです。

(ボクも含め・・・。)

 

携帯の”2年契約(2年縛り)廃止”はいつからなのか

今回は携帯大手3社に総務省の行政指導がはいるということで話題になりました。

(同じ悩みで訴えかけた人が長期にわたってとても多かったからでしょうね。)

携帯業界から2年縛りがなくなれば、携帯料金が安い会社を見つけては乗り換えっていうのがとても簡単にできますね。

単純に使わなくなった携帯を解約するときにも、無駄な手数料を支払わなくて良いのはうれしいです。

 

ただ、もし携帯の2年契約(2年縛り)廃止が実現したとしても大きな問題あります。

 

携帯代は2年契約なしだと月々の料金が高くなるかも

「2年縛りなしだとスマホの月額使用料が高くなる」

実は2019年6月時点ではすでに、ドコモ・au・ソフトバンクで2年契約ありタイプ・なしタイプというプランがありました。

つまり携帯を使っているユーザーが2年契約なしタイプ(2年縛りのないタイプ)のプランで申込みできたということです。

 

当時の2年契約なしタイプの料金プランで契約をしておけば、「いつ解約しても違約金なし!」という状態になっていました。

ですが、その裏側に月額使用料が高いという大きなデメリットがあったんです。

 

つまり毎月の料金を多く払うなら、いつ解約してもいいよ!という契約になっていました。

これからもし2年契約の縛りを緩める動きをするとしても、毎月の料金が高くなったりなどの代償が発生するのなら意味がないですよね・・・。

【注意】2年契約を解約するときは違約金と使用料がかかる

スマホやWi-Fiをいつ解約しても、1ヶ月まるまる料金が発生するっておかしな話ですよね。

どうして解約するときだけ1日分しか使っていないのに、1ヶ月分支払う必要があるのか。

 

新規契約みたいに初めて契約をするときは日割りで料金を計算してくれるんですよ。

でもやめるときにはいつでも満額… とってもおかしな話です。

 

解約時の使用料が満額かかることに関しては十中八九改善されてくるでしょう。

逆に改善されなかったら「総務省はなにをやっているんだ!」って思いますよね。

 

【解説】携帯の2年契約(2年縛り)に騙されない方法紹介

スマホ、ポケットWi-Fi、自宅のインターネットなどなど2年契約(2年縛り)をすることってたくさんありますよね。

そしてどこかのタイミングで2年契約の解除(解約)をするときが来ます。

 

そんなときに2年契約で失敗しない方法を紹介します!

2年契約(2年縛り)の対処法

  • 2年の更新のタイミングを調べる!

→ 2年契約をしたあとに「更新っていつだっけ」となってしまったら、必ず調べましょう!

調べ方はとても簡単です。

契約サービスのカスタマーセンターへ電話をしましょう!!

 

  • 更新のタイミングをカレンダーにセット!

→ 今カレンダーってみてバカにしましたか?

カレンダーは通知もしてくれるので、絶対に活用するべきです。

今すぐカレンダーを開いて更新月に予定をいれましょう!!

 

  • 更新月の予定を考える

→ これは更新月が近いひとだけでいいです。

更新月は1ヶ月から2ヶ月あるので、動ける日程を確認しましょう!!

 

2年契約(縛り)で高額な料金を取られないためにも、この方法をぜひ活用してください。

だれでもできるちょっとしたことですが、それだけで1万円以上節約できると考えたら大きいですよね。

 

2年縛りに騙されて違約金を取られるのではなくて、2年縛りを上手く使って携帯代を節約しちゃいましょう!

【まとめ】ドコモ・au・ソフトバンクが携帯の”2年縛りの廃止

総務省からの指摘を受けて、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天は続々と「2年縛りをなくす」という発表をしています。

  • 2年縛りの廃止
  • 違約金の緩和

上記2つのどちらか、もしくは両方が2019年には確定するはずです。

 

大手の携帯会社がそれぞれ発表した2年縛り廃止の内容を見ていきましょう。

今までの動きの中で2019年は1番大きく動く1年になると思いますよ!

「ドコモ」は違約金1,000円で2年縛りを継続

ドコモは2019年6月からスタートした「ギガホとギガライト」という新しいプランが出ていました。

新しいプランが出た頃は2年縛りありとなしで差額が1,500円(プラスになる)設定だったんです。

 

ただ、2019年10月からは2年縛りありとなしの差額が170円(プラスになる)に変わりました。

つまりドコモは2年縛りを継続していくという方針になったんです。

 

ドコモは携帯を2年契約の途中で解約しても、違約金は1,000円に引き下げられています。

なので2年縛りは続きますが、違約金1,000円と2年縛りなしにしても170円プラスになるだけで済みますね。

「au」は違約金1,000円で2年縛りを継続

auはドコモとほとんど同じ変更をしています。

auの2年縛りと4年縛りの主な変更点|2年縛り 廃止

  • 違約金支払い不要期間の見直し
  • 2年縛り4年縛りの見直し
  • 違約金1,000円

 

auではもともと4年縛りと呼ばれていた「アップグレードプログラムEX」というものがありました。

これは携帯を分割払いで買いかけるときに、機種代金の半額分を支払わなくてよくなる制度だったんです。

2年縛り・違約金だけではなくて、この4年縛りも一緒に見直し(制限)されましたね。

ソフトバンクとワイモバイルの独壇場?2年縛りなしに!!

ソフトバンクとワイモバイルは一転、「2年契約がない料金プラン」を打ち出しました。

ドコモとauは違約金を1,000円に引き下げて、2年縛りありとなしにしている状況なので一歩リードって感じですかね。

 

ソフトバンクの2年縛りがない料金プランは、毎月の携帯代は今までとほとんど変わらずに変更することができます。

(一部のプランは少し安くなっていますね。)

携帯のプランをいつ2年縛りなしにしても、違約金などはかからないのでタイミングを見て変えるのがオススメですよ!

 

ワイモバイルの2年縛りがない料金プランは、毎月の携帯代が少し安くなった状態で変更できます。

ただし、2年縛りのないプランに変えるときの時期に要注意です!!

  • 2年以上契約している
  • 機種変更するとき

という感じで、限られた条件でプランを変更しないと、違約金を支払わなくてはいけなくなります。

携帯の2年契約(2年縛り)の廃止から料金値下げになるか?

スマートフォンの2年縛りの見直しで携帯の違約金がなくなるか・・・という話題に続いて、携帯料金全体の値下げについてもかなり盛り上がってきました。

 

2018年11月現在では、ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルの3つの携帯会社でスマホ料金の値下げが発表されています。

2年契約見直しもそうでしたが、携帯料金値下げの発表があったのも政府からの発言が大きな鍵になっていますね。

 

2018年後半から2019年にかけての1年間でスマホの契約や違約金、携帯料金の変化がどうなるか楽しみですね。

【番外編1】2年契約(2年縛り)満了の当月から違約金なし!

携帯の2年契約が廃止される前に、2年縛りを解約するときの時期に少し見直しが入りました。

意外と知られていないこの情報… 更新月の開始時期に注目ですよ。

 

契約内容やプランの見直しは、ほとんどの場合ドコモからスタートします。

今回も更新月の見直しがドコモから発表され、ソフトバンク・auと続きました。

NTTドコモ・ソフトバンク・auの3社は、2019年3月1日から解約料金がかからない月(更新月)の期間を2ヶ月から3ヶ月に引き伸ばしました。

 

もともと2年満期になった翌月(5月で丸2年なら6月)から更新月というのがあります。

更新月の期間は2ヶ月だったので、6月から8月が更新月という形になりますね。

 

ただこの場合、契約から丸2年経っているのに1ヶ月分多くスマホの利用料金を支払わなければいけないんです。

解約の月はスマホの使用料金を満額払わないといけないわけなんですけど、それに加えて1ヶ月多く払う必要があるという鬼畜っぷりです。

 

これを改善するための方法として、丸2年経ったその月から合計3ヶ月間の更新月に変更がはいるみたいですね。

2019年3月に更新月がくる人から対象とのことでした。

 

【番外編2】総務省は2年縛り・4年縛りの”規制”から”禁止”へ

2019年2月25日に総務省が発表した内容によると…

携帯料金の値下げに向けた電気通信事業法の改正によって、「端末代金と通信料の完全分離の義務付け」や「契約期間の拘束の禁止」をする方向に。

参照:共同通信

 

となっていて、今までは2年縛りや4年縛りに対する規制だけだったのが、本格的な禁止になっていきそうです。

上記の義務化が2019年の4月からスタートするかは微妙なところですが、2019年中には間違いなく本格始動になります。

 

今後は2年縛りの解約金などに悩まされることもなくなりそうなので、ドコモ・au・ソフトバンクから動いていくことに注目しましょう。

スマホだけじゃなくて、自宅のネットやポケットWiFiみたいなあらゆる2年縛りがなくなるといいですよね。

【番外編3】2年縛り廃止後はスマホの”完全分離プラン”に変わる

2年縛りの廃止とおなじ時期に話題になったのが、携帯料金の4割値下げスマホの完全分離プランですね。

分離プランという言葉はまだまだ知らない方も多いはず。

 

そもそも2年縛りの廃止もそうなのですが、スマホの契約についての大きな変化が始まった理由は携帯の料金プランがわかりにくくて高額だったからです。

スマホのプランって目に見えない分、何にいくら支払っているかわからないですよね。

  • 通話料
  • 通信料
  • 本体(端末)代金

ここにキャンペーンや割引がはいってくると、スマホの契約って把握するのがさらに難しくなります。

 

総務省はこの悪循環を変えるために、電気通信事業法(携帯会社などを縛る法律)の中身を変えました。

 

そうすることで携帯代が安く・・・

なるわけじゃないんですよね。

 

  • 2年縛りがなくなるということ
  • 携帯料金を4割値下げして分離プランにすること

上記2つが目的なはずなのですが、実際には携帯代が安くならない場合がほとんどです。

 

2年縛りがなくなってからのスマホの料金プランには要注意ですよ。

ケータイのプランを変えようかなって思っているあなたは、分離プランにする前に下調べを忘れないようにしてくださいね。

最後に・・・

ドコモ・au・ソフトバンクの2年縛りは”ほぼ”なくなった

最近は格安スマホ(格安SIM)を使っている人が増えてきましたが、ソフトバンク、ドコモ、auの3社のユーザーもまだまだ多いです。

スマホなどを契約するときに避けられない「2年契約(縛り)」失敗しないように、対策をしておきましょう!

2年契約(2年縛り):対策まとめ

  • 2年更新のタイミングを調べる
  • 更新月をカレンダーにセットする
  • 更新月には予定をあける

 

これから2年契約がなくなる世の中になると信じています・・・。

オンラインショップで機種変更

ドコモ・au・ソフトバンクで機種変更をするなら、オンラインショップで手続きがオススメです。

  • 特典あり!
  • 待ち時間なし!
  • 無駄なオプションなし!
  • 在庫切れなし!

ケータイショップ(店舗)で機種変更をするよりも、簡潔に手続きを完了させられますね!

▶︎ドコモオンラインショップで探す

▶︎auオンラインショップで機種を探す

▶︎Softbankオンラインショップで探す

▶︎Y!mobileオンラインストアで探す

ABOUT ME
ふーみん
ふーみん
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。
スマホの節約はチリツモ

あなたの携帯料金・・・。

本気で節約してみませんか?

大手の携帯会社のままでも格安SIMに変えても、携帯料金の節約は簡単にできます。

 

年間50,000円以上の浮いたお金を作れる”節約術”を使って、あなたの携帯代の無駄を省きます。ぜひお手伝いさせてください。

>>有料で依頼>>無料で読む