メンタリズム

【人材育成方法】褒めて伸ばす教育と叱って伸ばす教育

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

 

サラリーマンやOLのあなたなら一度は体験したことがあるはずの人材育成

簡単に言うと部下の教育ですね。

 

あなたがあなたよりも経験の浅い人に教えるとき、何を意識していますか?

まさかただ感情のまま叱ったりしていませんよね。

 

時代遅れの人材教育をすると、あなたの所属しているチームや勤めている企業の動きを悪くしてしまいます。

会社であれば、離職率の増加に繋がる可能性もあるんです。

 

ですが逆に… 

正しい人材育成はあなたの企業やチームの生産性を格段に高めてくれます。

 

【この記事で学べること】

  • 時代にあった人材育成がもたらすメリット
  • 叱る教育と褒める教育の真実
  • あなたが教える立場であること

 

あなたもあなたの上司から怒られて、理不尽だと思ったことはありませんか?

そんなときは「こんなことも知らないなんて・・・」と心の中で見下して、スルーしてみてくださいね。

いちいち相手してたら体力と時間を消耗してしまうだけですので。

 

それでは!

Let’s GO〜!!

 

【時代遅れの教育】世代と時代にあった人材教育とは

もしあなたが誰かに教える立場なら、今あなたがしていることを見直す必要があるかもしれません。

叱る教育はもう時代遅れです。

 

情熱で叱って人を育てるというまったく理にかなっていない教え方では、通用しない世代が増えてきたということなのかもしれませんね。

あなたも「ゆとり世代」や「悟り世代」なんて言われる年齢層が社会人になり、上司と部下のコミュニケーションも一筋縄ではいかなくなってきてはいませんか??

 

今あなたが思っている「常識」を貫き通すと、気づいたら孤立しているかもしれません。

 

  • どのように相手との距離を縮める
  • どうやったら相手に嫌われない
  • どうやったら早く業務を覚えてくれる

 

こんなことを考えながら教育をしている人は多いはずです。

「上司と部下」のコミュニケーションはとても難しくなっていて、ちょっと行き過ぎたらそれは「パワハラ」なんて言われる時代ですよね。

 

年代が違えば常識も違いますし、コミュニケーション方法も違ってきます。

それによって亀裂を生じさせてしまうかもしれません。

 

時代・年代・世代に合ったコミュニケーションを意識することで、効果的なコミュニケーションそして人材育成をすることが可能です。

効果的なコミュニケーションのために「叱る教育」と「褒める教育」の違いを正しく理解してくださいね。

 

【叱る教育】時代遅れの人材教育はあなたの首を締める

叱る教育は生産性を下げるので注意が必要

叱って教える人の特徴は「昔ながらの◯◯」というイメージが強いですよね。

 

例えば昔の学校の先生なんてまさにそうですよね。

  • 悪いことをしたらゲンコツ
  • 情熱と勢いで言い聞かせる
  • 見た目いかつくて気合いで叱る

 

その方達を悪く言っているわけではありません。

本当にそういう時代だったし、そういう人たちが今会社の上司になっているはずです。

 

人はなぜ叱るのか?

叱って教える世代・年代というのは、自身が今まで叱られることが「常識」だったから叱っているという方がほとんどです。

(アメとムチなんて言い方もしますね。)

 

仕事であれば、「業務上のミス」「遅刻」「協調性がない」などいろいろな理由で叱られますよね。

 

「叱ることによって場が引き締まる」「全体の気合いを入れることができる」など叱ることによってのメリットがあると考えていますよね。

ですが今はそう簡単にはいきません。

 

叱る教育が生み出す負のサイクルを見てみてください。

 

叱る教育の負のサイクル

 

  1. 「叱る」
  2. 「聞き手が萎縮する」
  3. 「失敗を恐れる」
  4. 「積極的な言動が減る」
  5. 「前進や成長へのチャンスが減る」
  6. 「成功へのチャンスが減る」

 

つまり「場を引き締め喝を入れる」代償として「生産性を落とす」ことを無意識のうちに行っています。

(※それぞれが自由奔放に行動すればよいというわけではありません。)

 

あなたの指示には忠実になるかもしれません。

ですがそれは威厳ではなくて萎縮です。

 

萎縮で教育をしてしまうことで気づかぬうちに、会社全体の動きを悪くしてしまう大きなリスクがあることを知っておいてください。

 

【褒める教育】時代にあった教育方法で円滑な動きに

褒める教育が甘やかすと勘違いしている人が多い

「叱る教育」と対局にあるのが、「褒める教育」です。

褒める教育とは叱ったり間違えだと指摘する代わりに、出来ている事や部分を褒めて本人のやる気に繋げるということです。

 

褒める=甘やかすという勘違い

褒めるのと甘やかすのは大きく違います。

褒めるというのは間違いを指摘するかわりに良いところを褒めます。

その上で他の足りない(できない)ことを一緒に改善していこうというモチベーションアップを狙っているんです。

 

褒めて伸ばすというのは部下の反発を恐れて甘やかしたり、叱らずに野放しにしておくのとは全然違うので気をつけてください。

 

褒める教育を本気でやると、叱る教育よりも労力を必要とします。

部下の様子を感じ取る観察力、自身の思っていることやわかってほしいことを伝える伝達力が必要になるんです。

 

褒める教育のコツ

できている部分は褒める、そして感謝します。

 

そして改善するべき点は「どこが」「なぜ」「どのように」改善していくか、細かく紐解いて一緒に理解してみてください。

改善することで、相手にどんなメリットがあるかを伝えられると◎です!

 

【人材育成方法】教える立場が偉いのは間違い

「どうして上司なのに、部下に気を遣っていなきゃいけないんだ!!」

もしあなたがここまで読んでそう思ってしまったら負けです。

 

これは部下のために気を使っているわけではありません。

あなた自身に返ってくるものということを理解しておいてください。

 

褒める教育がもたらすあなたへのメリット

 

  1. 褒める教育を取り入れる
  2. 部下が育つ
  3. チームや会社が効率よく動けるようになる
  4. 部下が自主的にあなたのために動いてくれる

 

上司であるあなたは、あなた自身のために最低限の労力を頭ごなしに叱るのではなく、褒めて改善してもらうために使うんです。

(それに、部下に気を遣う分の給料や待遇を貰ってますよね??ww

 

全ては考え方によって、天国にも地獄にもなり得るということですね。

 

【叱る教育】

 

  • 「これは間違いだ」と言葉だけ発して、去る。
  • 「何やってるんだ!」と罵倒する。

 

【褒める教育】

 

  • これは出来ていたね、ここも出来たらさらに良いからこうやっていこう!」
  • 「そこはすごい良かった!あとはここも改善してさらに良くなるね!」

 

どちらが良いと思いますか?

 

まとめ・・・

自分自身のために叱るを減らして、褒める教育をしよう!

人材育成方法まとめ

  1. セルフマネジメントを意識して、「叱る」を減らしましょう!
  2. 「褒める」+「改善方法を一緒に考える」を意識して効率よく教育しましょう!

【+α】
後輩がどう感じるか、を予測して会話の中で距離を縮めましょう!

 

セルフマネジメントとは、あなたがあなた自身の感情やストレスなどをコントロールすることです。

時代にあった教育方法で、あなたのチームや会社の動きがよくなる方向へ持っていってくださいね!

 

 

ふーみん☆彡セレクト

やる気がない、やる気が持続しないと悩む前にこの本を読んでみてはいかがですか?

やる気ゼロでもやる気がでる、そしてそれを続けられる方法をわかりやすく知ることができますよ(^^)

 

【人生改造】忙しくてもできる生活改善法で幸福度アップ!仕事ができてお金も貯まる! 当サイトにある記事の中で、人生をよくするための生活改善術を厳選してご紹介します。 メンタリストDaiGoさんの書籍や生放送でも紹介...
ABOUT ME
アバター
ふーみん☆彡
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。