MENU
【解説】スマホの節約術

携帯料金(スマホ代)の平均っていくら?|携帯代を値下げするための豆知識【まとめ】

携帯代・スマホ代で毎月8,000円以上払っている人はかなりをしてる可能性があります。

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

スマートフォンやiPhoneを使っていると毎月当たり前のように支払いをしてる「携帯代」ってありますよね。

最近では政府が携帯料金値下げという規制をかなりかけているので、携帯代をできる限り節約している人も多くなっているはずです。

 

でも実は、自分自身の携帯代が平均よりも高いか安いかわかっていない人がたくさんいるって知っていました?

 

今あなたが使っているスマホって、意外と簡単に今よりも料金を安くできるかもしれないんですよ。

なにもしないで1万円近く払うのはもったいないです。ここで学んだことを実践して、1,000円でも2,000円でも出費を節約してくださいね!

【この記事で学べること】

  1. 携帯代の平均金額と高くなる理由
  2. 携帯代を見直す3つのコツ
  3. 携帯代を安くする4つの方法

 

携帯代を安くするために、携帯についての専門知識なんてまったく必要ないんです。

今あなたの携帯料金が高い理由って、安くする方法を知らない、たったコレだけなんですよ。

  • なぜその金額になっているのか
  • どうやったら金額が安くなるのか
  • そもそも何をすればいいのか

 

あなたのわからないが1つでも解決されて、携帯代を安くする方法を実践してもらえたら嬉しいです。

 

それでは!

Let’s GO〜!!

携帯代の月額平均はいくら?|ソフトバンク・ドコモ・auを徹底解析

ソフトバンク、au、ドコモは平均料金が高いのか|スマホ代・携帯代金の平均

携帯代(スマホ)の平均的な料金って結局いくらなのか、疑問に思う方も多いはず。

ソフトバンク、ドコモ、auで長年使っていると、今の料金が正しいのかそうでないのかわからなくなりますよね。

 

実は、ソフトバンク・ドコモ・auを使っているほとんどの人が、今の携帯代よりも月々の平均料金を安くする方法があるんです。

なぜなら、この3社だと基本料金やオプション料金で無駄に払っていたり、キャンペーンを使っていない人が多いからです。

例)ソフトバンクの料金:2019年1月23日時点のプラン

  • 基本料金:1,200円
  • ウェブ基本料金:300円
  • 通話オプション:1,500円
  • データ定額(50GB):5,980円
  • 各種オプション(保証など):1,250円

合計料金→ 10,230

(※端末代金は別)

 

ざっと計算してもこれで普通と思っているあなたは月に1万円以上、スマホの料金を払っているんですよね・・・。

あなたもウルトラギガモンスターって聞いたことないですか?

ウルトラギガモンスターっていうのは、大容量のインターネット(50GB)が毎月使えるプランですね。

 

auとドコモも同じような感じですよ。

  • 携帯の基本料金
  • データ定額(ネットの定額利用料金)
  • オプションなど

 

8,000円や7,000円の携帯代ってスマホの使い方による場合もありますが、ほとんどの人が平均的な携帯代よりも高くなっています。

基本的には知らず知らずにプランやオプションに入っていて、毎月平均よりも高い携帯代を支払っている人が多い(ほとんど)のが理由ですね。

だからこそ、もしあなたがiPhoneやスマートフォンの新しい機種を買うときに、見積もりをもらって「なんか高いな〜」って思ったらチャンスなんですよ!

 

ドコモ・au・ソフトバンクで携帯代が高い理由が判明

ソフトバンク、au、ドコモの3社を使っていて、携帯代が高いなと感じるときに見てもらいたいところがあります。

あなたに見てもらうのはたったの4箇所です。

  1. 1ヶ月で使う電話の長さ(長電話はあるか無いか)
  2. 1ヶ月で使うインターネット、メール、動画視聴などの量
  3. どんなオプションに入っているか(保証や留守電など)
  4. キャンペーンは使えているか

 

今あなたが払っている料金やどれくらい使っているかのほとんどは、スマホから調べることができます

auなら「My au」、ドコモなら「My Docomo」、ソフトバンクなら「My Softbank」というのがブックマークやアプリではいっているはずです。

わざわざショップに行かなくても、携帯から簡単に調べられるのでぜひ試してみてください。

「スマホから見たけどイマイチ使い方がわからなかったよ」ってなったあなたはショップに行きましょう!

 

ショップの店員さんに上記の4つを聞いてみてください。

お店が混んでいないときにいけば、すぐに教えてくれますよ。

 

今あなたが支払っている携帯代が高いほとんどの理由は以下3つに当てはまります。

  1. 機種変更したときにオススメしてもらったプランをそのまま使ってる
  2. よくわからないけど昔からプランは変えてない
  3. 自分のプラン?なにそれ?

 

上記に当てはまったあなたは、このあとの料金見直し&節約のコツを実践して、毎月の携帯代を今よりも安くしてくださいね。

あなたの携帯代は平均的に1,000円〜2,000円以上高く払っている可能性がありますよ。

【解説】携帯代の平均料金を見直す3つのコツ

携帯代の平均はわかったし安くしなきゃいけないのもわかったけど、結局なにをすればいいのかわからないって方は本当に多いです。

 

例えばスマホって格安SIMにしてしまえば、毎月3,000円以上は安くすることができます。

でもそのときには、事前に準備することがあったり気をつけなきゃいけないことがあるので不安要素が多いです。

かといって、今の契約で携帯代を安くすると言っても、携帯の専門知識がないから何を削っていいのかわからないですよね。

 

そういうあなたのために、まずは今の契約のままで簡単に携帯代を見直すための3つのコツをご紹介します。

  1. 通話
  2. 通信
  3. オプション

 

その1:「通話量」を見直して携帯代を節約!

まずは「通話」から見直していきます。

この質問に答えてください…

「通話は5分以上しますか?」→ YES ・ NO

YES:5分以上通話をする

通話の基本料金が5分よりも多くてたくさんする人向けのプランになっているか、確認しましょう!

  • 通話かけ放題
  • 5分間かけ放題

※1回の電話が5分以上になってしまう場合は「かけ放題」がオススメです!

 

NO:通話はほとんどしない(or LINE電話)

通話料金を節約できるチャンスです!!あなたがどんなプランにはいっているか、確認しましょう!

  • 5分間かけ放題
  • 通話した分だけの従量制

※電話をかける数が多くても、1回の通話時間が短ければ全然変えちゃって大丈夫です!

 

ソフトバンク、au、ドコモで使っている人でも意外とムダに払っているケースが結構多いです。まずはここからチェックしてみてください。

 

その2:「通信量」を見直して節約!

通話の次に見直すのは、「通信」です。

通信とは:

「メール」、「ネット検索」、「アプリ」、「動画視聴」など4Gの回線を使って何かを読み込んだり、TwitterとかFacebookに投稿したりするときに使うもの。

スマホを使う上では、必ず発生するのが通信量(通信料)。

 

通信を多く使っていたり、逆に少ないのに料金が高いプランにはいっていたりということが多くあります。

スマホで毎月5GB以上使っている人

5GB・・・5,000円

20GB・・・6,000円

30GB・・・8,000円(※ソフトバンクは50GBで5,980円)

 

スマホで毎月5GBも使ってない人

1GB・・・2,900円

2GB・・・3,500円

 

こんな感じで変更すれば少なくても1,000円〜1,500円は節約できますね。

自分の使っている量は知らなかったけど、店員さんに勧められて20GBのプランにはいっていたって人は驚くほどいます。

キャンペーンでそのプランになっている場合以外は、必ず通信量の見直しをしてみてくださいね。

 

その3:「オプション」を見直して節約!

見直すべきところの最後は「オプションサービス」です。

オプションサービスはって数えきれない種類あって、会社によって取り扱っているものが違うんですよね。

  • 端末の保証サービス
  • 留守番電話サービス
  • 割り込み通話サービス
  • 動画視聴サービス
  • アニメ視聴サービス
  • 読書(マンガなど)
  • テザリング

 

ざっと上げただけでもこれだけありますw

マホを買ったときなどに「1ヶ月無料で使えますよ!」という感じではいったり、最初使うと思っていたけど全然使ってないとかありませんか?

 

これが一番もったいないので、「面倒くさい」とか言わずにしっかりと見直して使ってないものは解約(削除)してください。

本当に使う(使っている)のかは必ずチェックしてくださいね!

 

【解説】携帯代を安く(節約)する4つの方法

ここからは、携帯代の見直しだけじゃなくて、大幅に節約をしたいっていうあなた向けの内容です。

コツさえ掴めば手間もそんなにないですし、スマホの料金がかなり安くなります!

方法は4つほどあるので、ぜひあなができそうだなって思ったものから試してくださいね。

  1. 家族みんなで同じ携帯会社を使う
  2. 自宅のWi-Fiやテレビを携帯会社にまとめる
  3. でんきも一緒にまとめる

 

その1:家族みんなでスマホをまとめて節約!

結論からいうと、家族3人とか4人でスマホを使っているのに、携帯の会社がみんなバラバラというのは毎月2,000円以上は必ず損しています。

 

これは家族がまとめて契約することでの特典だったり、毎月の家族割での割引が大きいからなんです。

最近では、1人で契約しているよりも、家族みんなで契約をしている人向けの割引がかなり増えています。

これからも家族まとめてというのは、最低条件のキーワードになってくるので今のうちに見直しておいてほしいですね。

他社からの乗り換えでキャッシュバック(現金やポイント)があるので、おトクに変えることができます。

その2:携帯と自宅インターネットをまとめて節約!

あなたの自宅のインターネット(Wi-Fi)は、どことの契約になっていますか?

  • NTT
  • ケーブル
  • ◯◯光
  • ポケットWi-Fi

 

スマホが流行ってから、パソコンを使っていないお家でもWi-Fiが主流になっています。

今Wi-Fiの契約をしていない人は、とくに必要ないかもしれません。

ですが契約をしている人は、スマホの契約会社とまとめることで大幅割引を毎月もらうことができるんですよ。

ネットは変えたくないあなたへ・・・

  • ネットの工事が面倒くさい

→ 工事不要で使えるネット(Wi-Fi)もあります!

ちなみに工事自体もあなたがすることは何もないんです。

工事の派遣の人がすべてやってくれるので、面倒な要素はゼロじゃないですか?

 

  • 違約金がかかるでしょ

→ これはネットの会社によってキャッシュバックをやってたりするので、「違約金」や「撤去費用」などを負担(還元)してくれるところがたくさんあります!

一度は負担する必要がありますが、同額があとで返ってくるのであなたが払うお金はゼロです。

 

  • 申し込みの仕方がわからない

→ ネットの申し込みはネットからでもカンタンにできますし、わからなければ使ってるケータイショップに行けば店員さんが優しく教えてくれます。

※店員さんによって当たりハズレあるので、ネットの通話サポートがついてるところでやるのがオススメです。

 

インターネットを携帯にまとめると、1人あたり1,000円は毎月割引が入ってきます。

たった1回やるだけで、年間12,000円も節約できるってかなり大きいと思いませんか?

 

Wi-Fiについては、関連記事でもっと詳しくご説明していますので、興味のある方はぜひ一緒に読んでくださいね!

その3:携帯と”でんき”をまとめて節約!

電力の自由化が始まってから、「でんき」もいろいろなところでサービスがありますよね。

  • 東京ガス
  • エネオスでんき
  • j:COMでんき
  • ソフトバンク(おうちでんき
  • auでんき

 

でんきもスマホの会社にまとめるのがおトクなんですけど、携帯代を安くする方法のなかででんきが1番簡単です!

でんきの手続きが、検針票もってショップに行くだけ。

ソフトバンクのおうちでんきで節約!

2018年6月からソフトバンクでリニューアルした「おうちでんき」というサービスが始まりました。

 

電気代の月々の基本料金はそのままで、利用料金が1%安くなるんだとか。

さらに、ケータイや自宅インターネットの代金から100円ずつ割引を入れてくれる!

家族でソフトバンクのスマホを使っているあなたは要チェックですよ。

 

auのでんきがお得!

auのスマホを使っているなら、でんきもまとめてさらにお得にできます。

電気の使用量をスマホでチェックができたり、毎月の利用料金からauのポイントが貯まるので簡単に節約できます!

 

au光、auスマホユーザーのあなたは一度見直しましょう!

 

ドコモはでんきサービスをやっていないので、他のどこかにまとめて電気代を節約するといいですね。

au、ソフトバンクに関しては、オール電化のお家でない限り、簡単に手続きができるので時間があるときにでもお店に行ってみてください!

??賃貸でも電気はOK??

賃貸のアパートでも電気の契約は、あなた自身でしていることがほとんどです。

東京電力とあなたの契約になっているので、賃貸のお家に住んでる方でも切り替え可能!

 

工事はとくになくて、電気メーターの上にスマートメーターというものを取り付けるだけなので安心してくださいね。

その4:格安SIMを使ってラクラク節約!

最後は思い切って格安SIMに変えて思いっきり節約をする方法です。

格安SIMにするのって危ないとか怖いって思われがちなのですが、契約する会社を間違えなければ心配はまったくありません。

 

あなたが毎月払っている携帯代は、格安SIMに変えることで最低でも2,000円、使い方によっては4,000円以上節約することができます。

難しい手続きとかではなくて、ただ切り替えるだけでこれだけ携帯代を節約できるようになるんです。

 

もちろん格安SIMにする前には、いくつか気をつけるべきところもあるのでそれは関連記事から事前にチェックしておきましょう!

あなたが今使っているスマホまたはiPhoneをそのまま使って、格安SIMにすることもできるので興味のある方はぜひチェックしてくださいね。

【まとめ】携帯料金を値下げする方法をまるごと解説

  • 「どの手続きをすればいいかわからない・・・」
  • 「結局どこを見直せばいいの?」
  • 「キャンペーンとか細かいことまで調べられない」

きっと携帯代は節約したいけど、何をどうすればいいかわからなくて手詰まりな方は多いはず。

なのであなたの携帯料金を平均よりも値下げする方法をまとめました。

携帯の専門知識がなくても携帯料金を値下げできるように、チェックリストのような形にして手順すべてをお伝えします。

 

  1. 携帯代節約:準備その1
  2. 携帯代節約:準備その2
  3. 携帯代節約:手続き
  4. 携帯代節約:キャンペーンの使い方
  5. 携帯代節約:後日確認

上記のように、あなたの携帯料金を値下げするための方法をリスト化して読めるようにしてあります。

携帯代節約チェックリストを使って、あなたも携帯料金を節約してくださいね!

番外編:「おトクなキャンペーン」を使って平均金額をさらに節約!

使っている量や金額を見直す以外にもできることはあります。

例えば毎年2月から5月終わりくらいまでの間に「学割」がやりますよね。

 

キャンペーンや割引を使って月額のコストを抑える

これも料金を節約する一つの方法です。

 

ではどんな割引があるのかというと…

  • 家族みんなで機種やプランを変えて割引
  • 他社から家族を紹介してキャッシュバックがもらえる
  • 学割などの期間限定で申し込めるキャンペーン

 

キャンペーンやキャッシュバックなども、その時々で全然違うので知らないだけで損をしてしまう場合があります。

ボクのサイトでは、数あるキャンペーンの中から本当におトクなものだけを厳選して紹介していますので、定期的にチェックしていただければわかります。

キャンペーンを全部知りたいというあなたは、実際にショップに行って聞いてみるのをオススメします。

 

最後に・・・

「スマホ代の平均料金を知らない」は無駄遣いしてる可能性大!!

今使っている状態よりも「見直し」たり、「調べたり」すればかなり安くなるということがわかりましたか?

スマートフォンやiPhoneを使っていて知らずに高い料金を払っているというのは本当にもったいないです。

「難しい」と思うのはわかりますけど、人に聞いたりネットで調べたりくらいはできますよね?

 

簡単な見直しするだけで毎月2,000円とか3,000円を得するか損するかです。

 

食費を水道とかガス代を3,000円浮かすことはできなくてもケータイならいくらでもできますので、ぜひ参考に動いてみてください。

ABOUT ME
ふーみん
ふーみん
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。
スマホの節約はチリツモ

あなたの携帯料金・・・。

本気で節約してみませんか?

大手の携帯会社のままでも格安SIMに変えても、携帯料金の節約は簡単にできます。

 

年間50,000円以上の浮いたお金を作れる”節約術”を使って、あなたの携帯代の無駄を省きます。ぜひお手伝いさせてください。

>>有料で依頼>>無料で読む