スマホの料金プラン

【徹底比較】ドコモとauの新プランを徹底的に比べてみよう!実はどっちがお得なの?

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

2019年にはいってドコモとauの両社が立て続けに新プランの発表をしました。

値下げプラン分離プランが新しく始まりますが、ドコモとauの新プランでどちらが安いのかを徹底的に比較してみます。

 

正直、ケータイの料金プランはどんどんわかりにくくなる一方です。

だからこそどこが安いのか、どう使ったら安いのかをまとめて解説します。

【この記事で学べること】

  1. 各社が出した新プランのまとめ
  2. ドコモとauの新プランの特徴
  3. ドコモとauの新プランを徹底比較と検証

 

新プランが出たからといって、すぐに料金プランを変えるのはあまりオススメしません。

しっかりとどこがどう安いのかを比較した上で、あなたにピッタリの料金プランを選んでくださいね。

 

今回はドコモとauから出た特徴的な新プランを比較して、これからのケータイ業界の中でどちらのプランがあなたに合うのかを検証していきます。

あなたが携帯会社選び、プラン選びをするときの参考になれば幸いです。

 

それでは!

Let’s GO〜!!

/値下げプランを動画で解説\

オンラインショップで機種変更

ドコモ・au・ソフトバンクで機種変更をするなら、オンラインショップで手続きがオススメです。

  • 特典あり!
  • 待ち時間なし!
  • 無駄なオプションなし!
  • 在庫切れなし!

ケータイショップ(店舗)で機種変更をするよりも、簡潔に手続きを完了させられますね!

▶︎ドコモオンラインショップで探す

▶︎auオンラインショップで機種を探す

▶︎Softbankオンラインショップで探す

▶︎Y!mobileオンラインストアで探す

ドコモとauから発表された新プランの開始時期は”夏”

2019年夏ころからドコモとauの新プランがスタートします。

もともとは総務省が「携帯代を4割値下げする必要がある」という発言をしたのが事の発端でした。

政府としては…

  • 携帯代の値下げ
  • 2年縛りの廃止
  • わかりやすいプラン設定
  • 機種代金と通信料の分離化

などが大きな要素として電気通信事業法の改正をしたんですね。

 

携帯代の値下げ分離プランについては、当記事ではあえて深く触れません。

ただ、今回の新プランのスタートにも大きく関わるので、興味がある方は合わせて読んでみてくださいね。

比較の前に・・・「ドコモの料金」

ドコモの新プランの特徴は、とてもシンプルで安い料金プランという感じでした。

今までは…

  • 基本料金(通話基本料)
  • ウェブ基本料金(メールアドレス)
  • データ通信料(ネットのギガ数)
  • その他オプション

上記のようなプランになっていて、いろいろな項目に金額がかかっていたんですね。

何にいくら支払っているかって、専門知識がない人にとってはかなりわかりづらかった印象です。

 

ただ、ドコモの新プランは2種類から選ぶようになっていてとてもシンプルになりました。

  1. ギガホ(30GBまでの定額)
  2. ギガライト(0GBからの段階制)

 

つまりあなたがスマホでどれくらいネットを使うかというので、上記2種類の料金プランから選ぶだけなんです。

この他に基本料金がかかることがなくて、あとは必要に応じてオプションサービスを付け加える料金プランになっているんですよ。

/ドコモの新プランを動画で解説\

比較の前に・・・「auの料金」

実は、auは新プランがもともとあったのを知っていましたか?

auではピタットプランフラットプランというのがあって、値下げプランや分離プランとも呼ばれていたんですよ。

 

今回ドコモが新プランを発表したことで、auも携帯代4割値下げに追いつけるような新プランを発表したというわけです。

つまりドコモと比較されたときに負けないようなプランを作ったんですよ。

 

auのプランはなんだか種類が多いです。

  • auデータMAXプラン(ネット実質使い放題)
  • auフラットプラン7プラス(7GB+SNS無制限)
  • 新ピタットプラン(0GBからの段階制)

名前が長い!ってボクは思いましたが、内容はなかなか良いのかもしれません。

 

auもドコモと同じようにこの他に基本料金がかかることはありません。

なので、ネットの使う量に合わせたプランを上記3つの中から選ぶという感じですね。

 

あえて他社と比べると違う3種類のプランを出すというのが、ケータイ業界の競争を意味しているようです。

個人的には選択肢が多いauの新プランが、今後のスマホユーザーの動きにどう影響するか楽しみです。

/au値下げプランを動画で解説\

【比較1】ドコモとauの新プランを比べて検証

さて、ここからが本題です。

ではドコモとauの新プランは比べてみるとどっちが安いのか(良いのか)?という話ですね。

結論からいうと、ドコモもauもどっちもどっちという今まで通りの現実です。

 

ドコモとauの新プランの料金や特徴を比較してみると、両方のプランがスマホユーザーにとってどうなのかがわかりますよ。

とりあえず見てみましょうか!

 

基本料金|ドコモとau 比較

まずは基本料金です。

すでに前述しましたが、ドコモもauも基本料金という設定はとくにありません。

つまり基本料金が◯◯円ではなくて、あなたが料金プランを選べばその中に基本料金が含まれているということなんです。

ただし、auの新プランに限り基本料金(980円/月)の加入が必要です。

 

今までのわかりにくいプランに比べて、ドコモとauの新プランはだいぶわかりやすくなりました。

そのうちの1つとして、基本料金という設定が廃止されてコミコミプランになったというのがありますね。

(まぁ、auはLET NETの加入があるので、ちょっと引きを取っている感じもしますが・・・。)

 

そして、もし通話プランに5分間かけ放題24時間かけ放題がほしければ、通話オプションとして追加料金がかかります。

  • 5分間かけ放題:700円
  • 24時間かけ放題:1,700円

※通話オプションはドコモとauでとくに変わりはありません。

 

データ容量(通信量)|ドコモとau 比較

今回の新プランを比較するうえで、1番の違いがドコモとauのデータ容量です。

ドコモとauの料金プランは大分違うので、両方の新プランを比べるときはしっかりとプランの内容を知らないといけませんね。

ドコモのデータ容量|ドコモとauはどっち?

  • ギガホ:6,980円/月

30GBまで高速インターネットが使える定額プランです。

定額料金で通話は30秒あたり20円で使うことができて、その他はオプションとして追加していくようになります。

  • ギガライト:2,980円/月〜

0GBから1GBまで、1GBから3GBまで(3,980円)5GBまで(4,980円)7GBまで(5,980円)のように使った分だけで金額がかわる段階制プランです。

7GB以上使いたいときは追加データ量を買い足していくようになります。

(通話はギガホと同じ。)

auのデータ容量|ドコモとauはどっち?

  • auデータMAXプラン:8,000円/月

インターネットが無制限で使えるデータ使い放題の定額プランです。

昔の3Gスマホで使えた、ネット使い放題を思い出させる新プランですね。

※テザリング利用時は20GBで低速になります。

  • auフラットプラン7プラス:4,500円/月

7GBまでの高速インターネットが使える定額プランです。

無制限ほどのデータ量はいらないけど、ネットをそこそこ使う人にとって作られた新プランのようです。

  • 新auピタットプラン:2,000円/月〜

0GBから1GBまで1GBから4GBまで(3,500円)7GBまで(5,000円)のように料金が変わっていく段階制プランです。

ネットの利用が少ないユーザー向けに作られた料金プランですね。

※auの料金プランのみ、上記の金額に300円のウェブ利用料金がプラスされます。

 

ネットの利用料金で比較してみると、ドコモもauも大きくは変わらない印象ですね。

プランの特徴が違うので、選ぶプランによって料金の比べ方が変わります。

 

例えば…

  • ドコモのギガホ:6,980円/月
  • auのデータMAX:8,980円/月(基本料金込み)

上記のようなネットがたくさん使えるプランで比較をすると、料金的にはドコモの方が安い状態で使えますね。

ただネットを無制限(30GB以上)で使いたい場合には、auのプランが使い方に最適で安いプランということになります。

 

ネットの使う量が少ないユーザー向けのプランも、ドコモとauではさほど変わりません。

ギガライトと新auピタットプランを使って携帯代が安くなる人は、1GB未満で使えるユーザーくらいなので微妙ですね。

※ドコモ・auともに、2年契約ありの場合の料金になっています。

2年契約なしで上記プランを使おうとすると、毎月1,500円の割引がなくなり利用料金に加算されるので気をつけてください。

割引関連|ドコモとau 比較

あなたも薄々お気づきかと思いますが、ドコモ・auの公式発表やネット上では割引が含まれた料金で載っているんですよね。

(相変わらずやり方がせこいですよねw)

当記事では割引をあえて計算しない状態で料金を載せているので、ネット上の他の情報と比べて高い料金になっているんです。

 

こういう記載の仕方をしている理由は単純で、割引が使えない人も一定数いるからです。

つまり本当の利用料金は◯◯円で、割引が使える人だけ△△円になるよって伝えたいんですね。

WiFiとスマホのセット割

ネットとスマホをセットにしてもらえる割引(ドコモ光セット割とスマートバリュー)も良い例です。

ネットをスマホのセットにすることで、上記の新プラン料金から毎月1,000円の割引がはいります。

(ドコモとau共通。)

ただしWiFiを使っていない人とか他社で契約している人はできないですからね。

 

家族割

家族複数人でスマホを使っていると割引がはいる家族割は、これからかなり注目されてきます。

ドコモとauの家族割はファミリー割(ドコモ)家族割プラス(au)です。

  • 2回線:500円/月(1人あたり)
  • 3回線以上:1,000円/月(1人あたり)

割引金額は両方とも同じで、3回線以上スマホがないと全然割引されません。

 

もちろんネット上の新プランに関するほとんどの情報が、スマホが3回線以上あった場合の料金で書いてあるので、なかなかひどいやり方だなって感じですよね。

 

期間限定の割引

ドコモとauで共通して作られた期間限定の割引があります。

スマホの利用料金から6ヶ月間1,000円の割引がはいるキャンペーンです。

ただし割引が使える対象のプランが決まっています。

  • ドコモ:ギガホのみ
  • au:データMAXプランのみ

しかも、上記のプランに2019年9月30日までに加入した人だけが割引をもらえるんです。

ドコモとauともに焦って新プランにする必要はありませんが、対象プランにしたのに割引がもらえなかったってならないように気をつけてくださいね。

 

もうしつこいようですが、ネットで出ている料金はこの半年間の割引を含んだプラン金額です。

6ヶ月後は表示価格よりも1,000円高くなるわけですし、そもそもキャンペーン期間中に申し込まないとネット上に出ている金額にはなりません。

 

【比較2】ドコモとauで料金を比べて検証

ドコモとauがわかりやすい新プランを出してきたのは、料金プランだけを見ればたしかにわかります。

でもやっぱり、キャンペーンで◯◯円割引がはいるから実質△△円になるっていう仕組みは本当にわかりづらいですね。

 

なのである一定の条件だとドコモではいくらになってauではいくらになるのかで比べてみます。

今回は3つの条件を設定したときの料金比較をして、金額差やサービスがどう変わるのかをみてみましょう。

  1. ネット多め:1人で利用:WiFiセットあり
  2. ネット多め:家族3人で利用:WiFiセットなし
  3. ネット少なめ:1人で利用:WiFiセットあり

 

スマホの使い方や家族・自宅WiFiの環境によって毎月の携帯代がかなり変わるので、スマホユーザーの中で比較的多い条件で設定しています。

あなたに近い条件での料金比較を参考にしてくださいね。

※料金比較はスマホの機種代金を含みません。

※2年契約ありのプランで金額を比較します。(なしは表示金額に+1,500円)

※金額はすべて税抜きで比較をします。

その1:ネット多め+1人で利用+WiFiセットあり

1つ目の条件は…

  • スマホでネットを多く使う
  • 家族はみんな他社スマホ
  • WiFiとスマホのセットあり

 

ドコモ新プランの場合|ドコモとauはどっち?

  • プラン:ギガホ(6,980円)
  • 家族割:なし
  • WiFiセット割:-1,000円

予想できる合計金額:5,980円/月(2年契約あり)

2019年9月30日までにプラン変更をした場合、6ヶ月間はさらに-1,000円なので4,980円/月になりますね。

au新プランの場合|ドコモとauはどっち?

  • プラン:auデータMAX(8,680円)
  • LTE NET:必須(300円)
  • 家族割:なし
  • WiFiセット割:-1,000円

予想できる合計金額:7,980円/月(2年契約あり)

2019年9月30日までにプラン変更をした場合、6ヶ月間はさらに-1,000円なので6,980円/月になりますね。

 

5,980円/月(ドコモ)vs. 7,980円/月(au)なので、料金比較はドコモの方が安い状態で使えますね。

ただし、ネットを使う容量が30GBまで(ドコモ)vs. 無制限(au)なので、外出中に動画をみたりネット検索などをどれくらいするかでも変わってきます。

 

ボクの意見としては、自宅にWiFiがあってスマホを使うときに30GBよりも使うのはなかなか難しいので、ドコモのプランでも十分に使えるはずです。

なのでスマホでネットを大量に使う若者とか、出張が多くてWiFiがない場所にいることが多い方以外は、ドコモの新プランを使う方がいいですね。

(余談ですが、どちらのプランでもポケットWiFiは要らない時代ですね。)

 

その2:ネット多め+家族3人で利用+WiFiセットなし

2つ目の条件は…

  • スマホでネットを多く使う
  • 家族3人で同じ会社のスマホ
  • WiFiとスマホのセットなし

 

ドコモ新プランの場合|ドコモとauはどっち?

  • プラン:ギガホ(6,980円)
  • 家族割:-1,000円(3人)
  • WiFiセット割:なし

予想できる合計金額:5,980円/月(2年契約あり)

2019年9月30日までにプラン変更をした場合、6ヶ月間はさらに-1,000円なので4,980円/月になりますね。

au新プランの場合|ドコモとauはどっち?

  • プラン:auデータMAX(8,680円)
  • LTE NET:必須(300円)
  • 家族割:-1,000円(3人)
  • WiFiセット割:なし

予想できる合計金額:7,980円/月(2年契約あり)

2019年9月30日までにプラン変更をした場合、6ヶ月間はさらに-1,000円なので6,980円/月になりますね。

 

条件2では、スマホの利用環境が少し変わりましたが、割引の増減があるので合計金額は同じです。

なので条件1と同じように、ドコモの新プランの方が比較的安くスマホを使えますね。

 

正直いうと、大容量プランの比較だとドコモの30GBまで(ギガホ)が圧倒的に有利です。

auは無制限にしているというメリットがあるのですが、WiFi(自宅インターネット)が普及している昨今で、外で無制限にする必要がユーザーにとってあるのかなって印象ですね。

 

ただし、auフラットプラン7プラスを選んだときに、料金的な比較でauが勝つことができるんです。

  • ドコモ:5,980円(30GB)
  • au:5,480円(7GB)

まぁこれもスマホでネットを使える容量を考えると、ドコモの新プランの方がいいのではって思うので微妙なところですね・・・。

 

その3:ネット少なめ+1人で利用+WiFiセットあり

3つ目の条件は…

  • スマホでネットは少なめ(1GBまで)
  • 家族はみんな他社スマホ
  • WiFiとスマホのセットあり

 

ドコモ新プランの場合|ドコモとau 料金比較

  • プラン:ギガライト(2,980円)
  • 家族割:なし
  • WiFiセット割:-1,000円

予想できる合計金額:1,980円/月(2年契約あり)

au新プランの場合|ドコモとau 料金比較

  • プラン:新ピタットプラン(2,680円)
  • LTE NET:必須(300円)
  • 家族割:なし
  • WiFiセット割:-1,000円

予想できる合計金額:1,980円/月(2年契約あり)

 

0GBからネットを使った分だけ料金が増えていく段階制プランは、ドコモとauで料金的な違いがありません。

1GB以上使ったときの金額設定が多少違いますが、同じように金額には大きな差がでないのでどちらの新プランでも大丈夫そうですね。

家族割が使える状態でスマホを契約するときは、定額プランの方が安くなる場合がほとんどです。

スマホでのネット利用が1GB未満なら段階制プランがいいですが、1GBを超える場合は定額プランがオススメですよ。

 

とくに家族3人でスマホの契約会社をまとめられるのであれば、割引を最大限使えるのでギガホ・データMAXか7プラスがいいでしょう。

【結果】auの新プランの方が選択肢が多いけど・・・

ドコモの新プランとauの新プランを比べてみると、auの方が多様性に長けているかなという印象でした。

つまりスマホの使う頻度(量)によって好みのプランを選べるので、ユーザーにとっても自由なプラン設定ができます。

 

なので…

  • そんなに大容量のネットは要らない
  • でもそこそこ外でも動画見る
  • なるべく料金を安くしたい

こんな感じでスマホを使いたいっていうあなたは、auのプランの方がぴったりですね。

その点では、auの新プランがかなり有利なようにも感じます。

 

ただ料金面ではドコモの圧倒的勝利という印象です。

大手キャリアで金額を下げてスマホを使いたいというあなたにとっては、ドコモの新プランの方が合うあのかもしれませんね。

(前述したように、スマホでネットを大量に必要とする人にとってはauのデータMAXプランがいいでしょう。)

 

【番外編】ソフトバンクの新プランは出るのか!?

ここまで大々的な発表があれば、ドコモとauは新しい料金プランを出してきたのにソフトバンクは新プランを作らないの!?って思いますよね。

総務省が法改正をして完全分離プランになる動きがケータイ業界全体でありますが、ソフトバンクだけ乗り遅れていると感じる方は多いはず。

 

実は、ソフトバンクは2018年11月時点で新プランをスタートさせていたんです。

なのでソフトバンクとしては、今後プランを変える必要性はないという方向性みたいです。

 

ドコモもauも新プランを出して、今までよりもシンプルに低価格にという狙いがあるようですが、ソフトバンクはこのまま突き進むみたいですね。

正直いうと、今回の分離プランの影響はユーザーにとってはあまりよくないものなので、大きく変化しても微妙という結果につながります。

 

ただ、ドコモとauのプランにスマホユーザーが集まるようであれば、ソフトバンクも迷いなく新プラン(プランの内容変更)をしてくるでしょうね。

最後に・・・

ドコモとauともにプランの料金には注意が必要!

記事中でも何度かお伝えしましたが、結局のところどの会社のプランを使うにしても料金には注意してください。

キャンペーンをすべて使った表示価格であるということだけは忘れずに!

 

あなたの利用状況次第では、必ずしも料金が安くなるというわけではありません。

とくにキャンペーンが使えるかどうかは1番の注意ポイントです。

 

いろいろとややこしいケータイ業界だからこそ、正しい情報を使って携帯代を節約してくださいね!

ABOUT ME
ふーみん
ふーみん
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。
スマホの節約はチリツモ

あなたの携帯料金・・・。

本気で節約してみませんか?

大手の携帯会社のままでも格安SIMに変えても、携帯料金の節約は簡単にできます。

 

年間50,000円以上の浮いたお金を作れる”節約術”を使って、あなたの携帯代の無駄を省きます。ぜひお手伝いさせてください。

>>有料で依頼>>無料で読む