【解説】スマホの料金プラン

【検証】ドコモで機種変更って安いの?高いの?|分離プランでスマホ代は高額に・・・

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

2019年に分離プランが完全スタートするまでは、同じ会社での機種変更よりも他社への乗り換えが携帯代を節約する最強の方法でした。

ですが、ドコモの新料金プランがスタートしてスマホの常識が変わった今、機種変更でもおトクにスマホの買い換えができるのかもしれません。

 

当記事では、ドコモで新料金プランを使って機種変更をしたら安いのか?という疑問を徹底的に検証して解説していきます。

【この記事で学べること】

  1. 新しいプランと新しい機種代の支払い方法
  2. ドコモで機種変更したときの料金目安
  3. 機種変更や乗り換えで節約する方法

 

総務省が電気通信事業法(ケータイ業界を縛る法律)を新しくしたせいで、携帯代が4割値下げになるどころか今までよりも高額になってしまいましたね。

とくにスマホ機種の買い換えをするユーザーからすると、機種代への割引がなくなったことでかなりの痛手です。

 

ドコモとしては、高額になってしまう中で少しでも携帯代を安くするための新しい支払い方や仕組みを出してきていますが、果たしてそれらを使ってユーザーが安く機種変更をできるのか疑問です。

ドコモで機種変更をしたときに携帯代がどうなるかどういうキャンペーンを使うのが節約になるのかをまとめてお伝えしていきます。

 

それでは!

Let’s GO〜!!

/ドコモの新プランを動画で解説\

ドコモで機種変更が高かった理由とは

冒頭ですこしお伝えしましたが、完全分離プランになるまでの今まではどこの会社でも機種変更はお得ではなかったんです。

機種変更をすると過去に使えていた割引が消えてしまったりして、ユーザーの携帯代は高くなるしかありませんでした。

同じ会社での機種変更が高かった理由|ドコモ 機種変更

  • 24ヶ月間のみの割引が消える
  • 機種代金への割引が少ない
  • 乗り換えは機種代金以上の割引がある
  • スマホの一括ゼロ円など

 

なので機種変更をするよりも他社へ乗り換えてスマホを買い換える方が、割引特典が多かったりキャッシュバックをもらえて超おトクにできたんですよ。

 

ただ、当時は「他社乗り換えは機種変更よりも手間があるからやりたくない」というユーザーが多くて、携帯代が高いままでも同じ会社で機種変更をする方がたくさんいました。

最近はウェブ(スマホ)から簡単に申し込めるようになりましたし、機種変更でもある一定の手間があるので乗り換えをする人がかなり増えましたね。

ドコモの新プランで機種変更をするのは安いのか?

ドコモから発表された新しい料金プランはギガホギガライトという名前でした。

どちらもプランの利用料金としては、携帯各社(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天)の中では最安の料金設定です。

ただ、キャンペーンや家族割を使ったときに携帯代は同じくらいになるので、どこの会社もあまり変わらないという印象ですね。

 

ドコモは2019年6月から新しい料金プランをスタートして、古いプランの新規受付は終了させています。

なのでこれからお伝えするドコモで機種変更をしたときの料金は、すべて新プランで計算をしていきます。

 

ドコモで新料金プランを使って機種変更をすれば、今までのプラン(使用料)よりは安くできそうですが、相対的には今までよりも高くなるので注意が必要です。

(携帯代が相対的に高くなるのは、分離プランで機種代に割引ができなくなったのが原因です。)

【解説】ドコモで機種変更をしたときの5つの料金目安

では、ドコモで機種変更をするときに、携帯代がどうなるのかをシミュレーションしてみます。

機種変更の料金目安はプランと利用状況を考えて、5種類にわけて解説していきますね。

  1. ネット多め・電話かけ放題
  2. ネット少なめ・電話かけ放題
  3. ネット多め・電話は使った分のみ
  4. ネット多め・電話は使った分のみ・オプションあり
  5. ネット少なめ・電話は使った分のみ・オプションあり

 

正直にいうとスマホの利用状況によって、あなたに合っている料金プランというのは違います。

なのであなたの利用状況に1番近いプランの料金を参考にしてくださいね。

スマホの機種代金は別計算!

これからは完全分離プランなので、機種代金と利用料金(料金プラン)は別物として考えるのがオススメです。

 

今回の料金目安では機種代金を含んでいませんので、目安の料金にあなたが買う予定のスマホの機種代金を足してください。

 

ドコモで機種変更をしたときに使える「スマホおかえしプログラム」が、機種代金を最大12ヶ月支払い免除にしてくれる仕組みです。

参考になりますので合わせてお読みください。

その1:ギガホ・電話かけ放題の場合|ドコモ 機種変更

[その1]で紹介するプランは、スマホでネットをたくさん使うし電話はかけ放題(24時間無料)じゃないと困るというユーザー向けに設定してあります。

なのでもしあなたがネットも通話もたくさん使っているのであれば、料金の目安として参考になりますよ。

機種変更の料金目安:その1

  • ギガホ30GB:6,980円(基本料金すべて込み)
  • かけ放題:1,700円(オプション料金)

合計:8,680円/月

※金額は2年契約ありの場合なので、2年契約なしの場合は+1,500円になります。

 

8,680円にスマホの機種代金(例えば3,000円とか)がプラスされるって考えると、今までよりもかなり高くなりますよね。

もともとネットも通話もたくさん使うって方は、基本料金がどうしても高くなってしまうので、ここは致し方ないのような気もします。

 

その2:ギガライト・電話かけ放題の場合|ドコモ 機種変更

[その2]で紹介するプランは、スマホでネットは全然使わないけど電話はたくさんするというユーザー向けに設定してあります。

なのでもしあなたがネットはほぼWiFiがあるところだけでよく長電話をするのであれば、料金の目安として参考になりますよ。

機種変更の料金目安:その2

  • ギガライト1GBまで:2,980円(基本料金すべて込み)
  • かけ放題:1,700円(オプション料金)

合計:4,680円/月

※金額は2年契約ありの場合なので、2年契約なしの場合は+1,500円になります。

 

ネットの使う量が少なければ、携帯代をかなり安くすることができますね。

1GBまでというのがネックですが、ほとんど通話だけでネットは検索くらいという方なら大丈夫でしょう。

ただし、1GB以上になると自動的に次の料金設定(3,980円3GBまで)に変わるので気をつけて使う必要があります。

 

その3:ギガホ・電話は従量制の場合|ドコモ 機種変更

[その3]で紹介するプランは、スマホでネットをたくさん使うけど電話はほとんどしないもしくはLINE通話というユーザー向けに設定してあります。

なのでもしあなたがネットだけたくさん使っているのであれば、料金の目安として参考になりますよ。

機種変更の料金目安:その3

  • ギガホ:6,980円(基本料金すべて込み)
  • 通話は30秒/20円の従量制

合計:6,980円/月

※金額は2年契約ありの場合なので、2年契約なしの場合は+1,500円になります。

 

ネットの基本料金だけで良いって考えると、今までよりも少し安い状態で使えそうです。

今までのデータシェアなどは使えませんが、1人で30GBまで使えて6,980円であれば比較的安い料金設定ですね。

 

その4:ギガホ・電話は従量制・オプション有の場合|ドコモ 機種変更

[その4]で紹介するプランは、スマホでネットをたくさん使うけど電話はしない。でも保証サービスに入りたいというユーザー向けに設定してあります。

なのでもしあなたがネットだけたくさん使っていてスマホの保証加入をしたいのであれば、料金の目安として参考になりますよ。

機種変更の料金目安:その4

  • ギガホ:6,980円(基本料金すべて込み)
  • 通話は30秒/20円の従量制
  • 保証パック:500円〜750円/月

合計:7,730円/月

※金額は2年契約ありの場合なので、2年契約なしの場合は+1,500円になります。

 

上記の合計金額は、ギガホのプラン料金に保証パック(750円)を足しただけです。

スマホが壊れると修理代金は数万円単位で請求されるので、よく画面を割ったりするっていうあなたはこれが良いのかもしれませんね。

 

その5:ギガライト・電話は従量制・オプション有の場合|ドコモ 機種変更

[その5]で紹介するプランは、スマホでネットも電話もほとんどしない。だけど保証だけは入りたいというユーザー向けに設定してあります。

なのでもしあなたが全体的にスマホの使用頻度が少ないけど、保証だけは入っておきたいのであれば、料金の目安として参考になりますよ。

機種変更の料金目安:その5

  • ギガライト1GBまで:2,980円(基本料金すべて込み)
  • 通話は30秒/20円の従量制
  • 保証パック:500円〜750円/月

合計:3,730円/月

※金額は2年契約ありの場合なので、2年契約なしの場合は+1,500円になります。

 

新しいプランでの料金としては、保証を入れてもこの値段が最安値かもしれません。

ただすべての料金目安と同じように、ドコモで機種変更をしたときの機種代金が加算されると考えると、携帯代は7,000円〜8,000円くらいになってきます。

(やっぱり高くなりますね。)

 

ドコモで機種変更をするべきユーザーの特徴

ドコモで機種変更をしたときの料金をいろいろなパターンでシミュレーションしてみましたが、どの料金プランでも機種代金がプラスされるのを考えたら今までよりも高いです。

(新しい料金プランで今までよりも携帯代が安くなるというのは迷信みたいです。)

 

そんな中でも、ドコモに残ったまま機種変更をするべきスマホユーザーの特徴というのがあります。

もしあなたがこの特徴に当てはまっていたら、ドコモで機種変更をしても大きな損になることはありませんよ。

ぜひ確認をしてくださいね。

ドコモで機種変更をするべきユーザーとは

  1. ドコモ光を使っている(毎月1,000円の割引がある)
  2. 家族3台以上でドコモを使っている(毎月1,000円の割引がある)
  3. ドコモが安心だから動きたくない
  4. ネット大容量で通話をたくさん使いたい
  5. 回線が安定している状態で使いたい

 

上記の中でも毎月割引になるドコモ光や家族割を使える人は、前述した料金目安から最大で2,000円の割引がはいります。

こういうキャンペーンを上手く使えば、ドコモで機種変更でもなるべく安くすることができるのでオススメです。

逆にキャンペーンを使っていないのに、ドコモで機種変更をするのはなかなかお金がもったいないので気をつけてくださいね。

最後に・・・

これからはドコモで機種変更をするべき人は限られる!

新しい料金プランが出たことで携帯代が安くなったみたいな情報は、ネット上にもたくさん出ていますね。

料金シミュレーションをしてみてわかったと思いますが、料金プランの金額が少し安くなった分スマホの機種代金が高くなっているので、相対的には安くなっていません。

 

これに気づかずに機種変更とプラン変更をすぐにしてしまうと、気づかぬうちに損をしてしまう可能性があるので十分気をつけてください。

分離プランと新しい機種の買い方が出てからさらにややこしくなりましたが、その中であなたが損をしないスマホの買い方を見つけなくてはいけませんね。

ABOUT ME
アバター
ふーみん☆彡
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。