【解説】スマホを節約

【節約】スマホを2年ごとに乗り換えて格安をキープする方法【まとめ】

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

当記事は以下の条件に当てはまる方にピッタリの内容になっています。

  • 2年ごとに新しいスマホが欲しい
  • だけど携帯代は安くしたい
  • トコトン安くなる方法が知りたい

 

最近のスマホは1シーズンに1回、もしくは1年に1回のペースで新しい機種が出ていますよね。

自分のまわりが新しい機種を使い始めると、あなた自身も新しい機種が欲しくなったりするのではないですか?

 

あなたの携帯代をできる限り下げて新しいスマホに買い換える方法をお伝えします。

それは2年ごとに他社乗り換えをして格安をキープすることです。

【この記事で学べること】

  1. 2年ごとの乗り換えが安くなる理由
  2. 2年ごとに乗り換えをして節約する方法
  3. 乗り換えをするときの手順と注意点

 

分離プランになってほとんどの場合にスマホはすべて高額になると言われていますが、携帯代を節約するための裏技は2年ごとの乗り換えなんです。

新しいスマホが常に欲しいってあなたほど、乗り換えを繰り返して携帯代を安くおさえるのがオススメですね。

 

もちろん当記事では、「乗り換えで安くなりますよ」だけではなくて、どういう手順で安くしてどういう手続きが必要なのかまでまとめてご紹介します。

乗り換えって面倒って感じている方はまだまだ多いですが、その一手間の先に格安で最新のスマホを使う方法があるんです。

 

それでは!

Let’s GO〜!!

2年ごとの乗り換えで節約できる本当の理由

「なぜ乗り換えが安いの?」って疑問に思いますよね。

あまり知られていないのですが、2年ごとに乗り換えが安くなる本当の理由はたったの2だけです。

  1. 他社からの新規ユーザーへは特典が多い
  2. 割引か期間限定(2年や1年間のみ)

つまり2年以上同じ会社で契約をしているメリットがほとんどないということなんです。

(長期ユーザー向けの割引があったりもしますが、ほとんど安くなりません。)

 

携帯会社がそう来るなら、使う側であるあなたのようなユーザーも同じ視線で買い換えた方が断然いいですよね。

ずーっと同じ会社で機種変更を続けるよりも、2年ごととか1年ごとに他社へ乗り換えてスマホを買い換える方が損をしなくて済むんです。

 

分離プランになってからは機種変更への割引や特典がほぼなくなるので、なおさら乗り換えを考えていかないといけません。

今までは他社乗り換えへのハードルが高かったですが、これからでお伝えする方法は他社乗り換えのお手伝いができるはずです。

2年ごとの乗り換えに必要な準備と流れ

あなたが他社乗り換えをするときに、スムーズに進めるための準備と一通りの流れをお伝えしますね。

 

ちなみにこの準備と流れは、他社乗り換えが面倒くさいって思っているあなたにこそ知ってほしいです。

正直にいうと、機種変更とほとんど変わりません。

 

まずは事前に準備をしておくものは大きく3つです!

乗り換える前の準備

  • スマホのデータ移行(バックアップ)
  • アカウント類の情報(IDやパスワードなど)
  • 予約番号(元契約会社からもらえる)

あとは手続きで必要になる、運転免許証支払いの口座情報(またはクレジットカード)を手元に用意できれば大丈夫です。

ほかに必要なものはとくに要らないので、このまま手続きを進められます。

乗り換え完了までの流れ

  • ウェブで乗り換えの申込み(もしくは店頭で)
  • 自宅に新しいスマホが届く
  • 元の携帯会社は自動解約
  • 新しいスマホへデータ移行
  • 完了

ごく一部特殊な手続きを除いて、ほとんどの手続きがウェブ上(あなたのスマホ)で完了できます。

2年ごとの乗り換えもわざわざショップにいくのが面倒って感じているのであれば、申込みのできるウェブで終わらせるのがオススメですよ。

【解説】スマホを2年ごとに乗り換えて格安をキープする方法

ここから本題に入ります。

実際にスマホを2年ごとに乗り換えて格安料金を維持する方法を、大きく3つに分けてお伝えしますね。

 

正直にいうと、これからお伝えするのは2年ごとに乗り換えるというよりも、2年ごとに新しいスマホに買い換えても格安になっている方法です。

なので手続きは1年ごとにやるのがオススメです。

(※割引が1年間だけでなくなるものがあるので、1年ごとがベストです。ただし、毎年手続きをするのが面倒なのであれば2年ごとでも大きな損にはなりませんよ。)

 

その1:最初は他社のりかえを使う|2年ごとに乗り換え

まず1番最初の手続きはもちろん他社への乗り換えからスタートします。

今あなたが契約しているケータイ会社から、他社へ乗り換えをして最安値の状態で新しいスマホを買うことになります。

ちなみに1度他社に乗り換えをしたら、ここから最低でも1年(長くても2年間)は使い続けます。

 

他社に乗り換えをするときに使える特典はいくつかあります。

  • 乗り換え特典(キャッシュバックや割引)
  • 下取り割引
  • ネットのセット割引

などなど、時期によっても変わりますがたくさんの特典があるんですよ。

この中で乗り換え特典のキャンペーンはすべての割引の中でも1番大きい金額になるんです。

 

その2:1年後から2年目までは格安SIMを使う|2年ごとに乗り換え

他社に乗り換えてから1年後…

ここから2年経つまでは格安SIMに契約を変えます。

つまり1年目から2年目まではケータイ会社の契約だけ格安SIMを使うということですね。

 

格安SIMに乗り換えて使うのですが、あなたが使うスマホは変わりません。

使っているスマホはそのままで、機種の中に入っているSIMカードだけ変えるイメージです。

 

実は2019年現在に出ている携帯会社のキャンペーンでは、割引が1年間だけでなくなるものがあるんです。

そのときに携帯代が上がってしまうのを防ぐために、あえて格安SIMに乗り換えをして格安を維持します。

 

その3:2年後はまた大手キャリアに乗り換える|2年ごとに乗り換え

そして最後…

2年間スマホを使って更新月になったら、また大手キャリアに乗り換えて新しいスマホを買います。

 

ほとんどの場合、2年経つとスマホに入っている割引がなくなって携帯代が高額になってしまうんです。

しかもスマホを買い換えたい時期にもなってくるので、新しいスマホを格安で買うために他社に乗り換えをします。

 

気がつきましたか?

この時点で[その1]に戻るというわけです。

つまり[その1]→[その2]→[その3]をずーっと繰り返して格安を維持するんですね。

 

なのであなたが他社に乗り換えてスマホを買い換える時期は…

  1. 1番最初の他社に乗り換え
  2. 1年後(または2年後)
  3. 2年後(更新月)

これを繰り返して他社に乗り換えをすることで、新しいスマホを買いながらも安い携帯代をキープできるという仕組みです。

【注意】2年ごとに乗り換えるときの注意点|まとめ

他社に乗り換えるときの時期と同じように、乗り換えをするときの注意点は3つあります。

  1. 乗り換えのタイミング
  2. メールアドレス
  3. キャッシュバックなど

この3つだけは必ず気をつけて手続きをしてくださいね。

1つずつ細かく解説していきます!

 

その1:更新月に手続きをするのが理想|2年ごとに乗り換え

まず2年ごとに乗り換えをするタイミングですが、できる限り更新月になるように手続きをしてください。

 

更新月は2年に1度ある解約料を支払わなくて済む期間ですね。

正直いうと、解約料がかかっても他社に乗り換えをするときの特典で負担ゼロにすることもできるはずです。

ただ、更新月に手続きをすればもらえる特典(キャッシュバックや割引など)の金額が増えると言うことなので、できる限り更新月で乗り換えをしてください。

 

その2:キャリアメールアドレスに依存しない|2年ごとに乗り換え

キャリアメールを使い続けている方はかなり注意が必要です。

2年ごとに乗り換えをするということは、メールアドレスが定期的に変わるということなんです。

なので、携帯会社のメールアドレスを使っていると、アドレスがころころ変わってしまうというリスクがあります。

 

なのでYahoo!JAPANやGmailのようなフリーメールを今のうちに作って使っておくのがオススメです。

フリーメールならキャリアメールが使えなくなっても大丈夫というわけです。

その3:キャッシュバックや特典を必ず使う|2年ごとに乗り換え

最後の注意点はキャッシュバックを必ずもらって乗り換えをすることです。

※キャッシュバックや特典がない店舗もあるので要注意です。

 

実は、キャッシュバックや乗り換えの特典をもらうのには条件があるのがほとんどなんです。

  • 2年契約が必要
  • オプションの加入が必要
  • 指定されたプラン
  • 指定された支払い回数(分割)

条件はナシにすることができないので、そこは条件を受け入れて手続きを進めます。

特に損をするわけではないので「条件は無理です。」って言わないようにしてくださいね。

 

新しいスマホの機種代金に限り、キャッシュバックでもらったお金を使って機種代金を清算(支払い)しちゃってください。

最初はキャッシュバックの条件で分割にしなければいけないはずなので、翌月くらいに一括清算の手続きをします。

そうすれば手続きをした翌月の携帯代と一緒に支払えて、機種代金の分割残数をすべて払いきることができますよ。

(1年ごと、2年ごとに乗り換えをするので、分割が残っているのはよくないですからね。)

【番外編】2年ごとに乗り換えならワイモバイルとソフトバンク

2年ごとの乗り換えならソフトバンク(大手キャリア)ワイモバイル(格安SIM)を使うのがかなりオススメです。

ソフトバンク→ワイモバイルっていう流れがオススメな理由は2つあります。

  1. グループ会社なので手続きが楽
  2. ワイモバイルからソフトバンクになるときに割引がある

 

いくら乗り換えの手続きがそんなに大変じゃないといえど、できる限り手続きに手間はかけたくないですからね。

面倒な手続きがいやだけど2年ごとの乗り換えをやってみたいというあなたは、ぜひソフトバンクとワイモバイルでの乗り換えをしてみてください。

申込みはコチラ電話相談をする

最後に・・・

手間はかかるけど携帯代はトコトン安くできる2年ごとの乗り換えが良い!

最後の最後に大切なことをお伝えします。

2年ごとに乗り換えるこの方法は、しっかりとやっている人がかなり少ないです。

理由は簡単で… 方法を知らない(知っていても2年後には忘れている)からです。

 

ボクが2年ごとの乗り換え方法を記事にしようと思った理由も、超安くできるのにやっていない人が多かったからです。

そしてぜひ当記事にたどり着いたあなたには実践してほしいからです。

 

2019年に完全分離プランになって携帯代が逆に高くなるというわけのわからないことが怒っているからこそ、本当に安くスマホを買う方法を記事にしました。

あなたが携帯代をできる限り節約できるように活用してもらえたら嬉しいです。

ABOUT ME
アバター
ふーみん☆彡
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。