ブログの勉強

【Twitter感謝企画】”えみさん”が書いたブログの記事を全力レポート!

ふーみん
ふーみん
ようこそ!

趣味ブロガーのふーみんです!!

Twitterのフォロワーが500人というキリの良い数字になったので、かねてよりやってみたかった感謝企画に手を出しました。

応募していただいた方の記事を1つずつ読んで、良いところ・もっと良くなるところ・その他気づいたところ全力でコメントしていくというものです。

ボクの運営しているサイトは、30万PVは安定して超えるようになりましたので、そこそこの経験値と技術がついてきたと思っています。

今回の企画はボクの勉強もかねていますが、メインは応募してくれた方の役に立つことです。

少しでも糧になったら幸いです。

 

さて、今回ご応募いただいたのはえみさん(@plus1h_blog)です!

心理学を学びながら読者に”幸せと感じる時間を作る”ために、ブログで情報発信をしている方のようです。

そんなえみさんの記事は、発散で終わりはもったいない!お義母さんとの同居ストレスはこの3STEPで解消しようということで、早速レポートをしていきますね。

※基本的に、サイト内の広告や商品リンクには触れないように気をつけております。

(数値に誤差が出てご迷惑をおかけすることがあるため)

※スマホユーザーが多いこの頃ですので、閲覧はスマホでしております。

(記事の表示などは「スマホで見たときにどうか」でコメントしてあります。)

えみさんの記事でココが良かった!

えみさんに応募いただいた記事は、いつの時代も消えゆかない姑問題からくるストレスのお話です。

ストレス発散だけではなくて、根本的な解決としてストレス解消をしよう!っていうとても興味深い内容でした。

 

記事の中で良かったなと感じたポイントは4つあります。

  1. 具体例が豊富
  2. 読者との対話調
  3. キャラクターが個性的
  4. 共感を呼びやすい

Twitterのプロフィールにブログ初心者と書いてありましたが、記事のクオリティは良いものだと思います。

 

とくに個性的な文章えみさんのキャラクターが、今後読者の中で共感を集めやすいのではないかと感じました。

ファンを作るっていう観点から、これからも伸ばしていくべき良いところですね!

 

えみさんの記事でココがもっと良くなる!

さて、例のごとく良いところはほどほどにして、もっと良くなるポイントに移ります。

先にお伝えすると、えみさんはこれからもっとクオリティが上がっていく段階だと感じました。

なので少しずつ改良に改良を重ねて、文章や記事そしてサイト全体が良い方向になっていくようにコメントさせていただきますね。

 

えみさんに応募いただいた記事の中でもっと良くなるところを5つピックアップしました。

  1. 吹き出し・ボックスと本文
  2. 見出しタイトル
  3. 文章の基本
  4. 情報の信用度

実は、ボクもブログをスタートして50記事くらい書いたころにまったく同じ気づきがあったんです。

なのでえみさんの前進のためにも、気がついて実践してもらいたいところを5つ選びました。

 

その1:吹き出し・ボックスと本文

ごめんなさい、ドストレートにコメントをすると…

「えみさんの記事の中に”読んでて止まる(読みにくい)箇所”がところどころあるな」って感じました。

もともとえみさんの記事の良いところは、吹き出しを使った口語やえみさんのキャラクターがわかる文章です。

 

ただ良いところも使い方使う場所によっては、読者にとってマイナスに働くことがあるんですよね。

そしてその原因となっていたのが、ボックスや吹き出しの文章とそれ以外の文章のつなげ方ではないかと思いました。

 

つまり…

ボックス内の文章を使って要点をまとめたりしますよね。

そこから本文に移るときに、途中まではボックスの中に書いて

で、残りをボックスの外に書く。

 

上記のように文章がボックスの外と内で続けているところがあるんです。

ボクが最初に感じた違和感の正体はコレでした。

 

吹き出しで会話調にしているときも同じで、吹き出しでの口語本文での口語境目がわかりにくいことで、読みやすさを落としているようです。

 

この部分をもっと良くして、えみさんの良さを引き出すにはどうするか・・・。

例えば…

【まとめ】

  • ボックスを使うときは文章を完結に
  • ボックス内をできる限り見やすく

さらに!

付け足す言葉や補足情報もボックス内に全部まとめちゃうといいですよ!

ボックスの外には、えみさん的なつまり◯◯って部分を書くとキャラクターがさらに引き立つはずです。

 

ボクは上記のような感じの使い方をしています。

吹き出しはあまり使わないので、どうやったらよくなるかって難しいのですが、難しい内容などを要約(つまり◯◯で言い換える)ときに使うのもいいと思いますよ!

ぜひ試してみてください。

 

その2:見出しタイトルの付け方

見出しタイトル=目次です。

つまり冒頭文を読み進んで目次にたどりついた読者が、目次を見て記事の全体図を確認します。

そこで初めて「本文のここが気になる」って思わせることができますよね。

 

えみさんの使っている見出しタイトルもっと短くて簡潔なものの方が良いなと感じました。

 

ボクがいつもやっている方法なのですが…

  1. 伝えたいこと(記事のタイトル)はなんだろう
  2. 1をサポートする内容はいくつ書こう
  3. キーワードはどうやっていれよう
  4. 見出しタイトルわかりやすいかな?

上記のような感じで、常に自問自答しながら1記事の全体図を作ります。

つまりこれから作ろうとしている記事のタイトル・見出しタイトル・中身・要点・伝えたいこと・伝える順番のような計画をやっているんです。

 

例えば、えみさんの記事は姑と一緒に住んでることから来るストレスのお話です。

下記がボクなりに理解した記事の全体図でした。

伝えたいこと:つまり姑との同居問題でたまるストレスは、発散じゃなくて解消しなきゃダメ!

 

1:姑と同居してストレスを感じる仕組み

2:ストレスは発散だけでは不十分

→解消と発散の違い

3:ストレス解消の3つのステップ

→その1.発散

→その2.同調

→その3.分解

4:姑とのストレス問題を解決するメリット

→姑のためではなく自分のために変わろう

→自分を変えるのは大変、人を変えるのはもっと大変

ここからキーワードを含めた見出しタイトルを考えていくのですが・・・

キーワードの入れ方も考えると、見出しタイトルを決めるのはかなり難しくなります。

 

今回のえみさんの記事で言うと、ストレスの仕組みや解消方法をもっと知りたい!と思わせられるような工夫が必要ですね。

  • なんで解消しなきゃダメなの?
  • どうやって解消するの?
  • 発散と解消って何が違うの?

なので上記のように感じさせる見出しタイトルを意識して、簡潔見出しタイトルを書いてみてくださいね!

(正解はないので、ページ滞在時間とかをみながらいろいろやってみてください。)

 

その3:文章の基本

これはブログだけの話ではないのですが、文章を書くときの基本(論文やプレゼンなど)は結論(つまり◯◯)を述べて裏付けをしていくことです。

ブログの場合では事実であること、そしてあなたの伝えたいこと結論にあたりますよね。

そしてそのあとに、あなたが伝えいことを裏付ける情報(補足・サポート)の文章を書いていくんです。

 

えみさんの記事はつまりどうなの?って読者が感じる前につまりこうなんです!って文章があるともっと良くなるはずです。

結論(つまり◯◯)を使うポイント

  • 記事のスタート(冒頭部分)
  • 見出しのスタート(見出しタイトルを言い換えたり)
  • 記事の最後(書いてあることをまとめる)
  • 見出しの最後(見出しのタイトルを言い換えたり)

ちなみに見出しごとに伝えたいことが変わるのが普通なので、結論(つまり◯◯)もその見出しごとで変わっていくのが自然ですね。

 

結論(つまり◯◯・まとめ)部分をしっかりと伝えることで、読者が何を読んでいるのか(学んだのか)迷わないようにするんです。

「私は今、この事実を学んだんだ。」って読者に感じてもらえたら、記事を書くかいがあるってもんですよね。

 

その5:情報の信用度アップ

えみさんの記事では合理的なストレス解消法を学ぶことができます。

しかも姑と同居していて問題を抱えている人という的確なシチュエーションでの情報発信ですよね。

そこで、えみさんの発信している情報に専門的要素や信用度をアップさせる方法があります。

 

記事の信用度をアップさせるためには、学んだ情報の引用元を紹介するのが簡単なのでオススメです。

ちなみに「この情報は◯◯でも有名ですよ」のような一言を加えるだけでも十分です。

例えば…

ストレスの発散は一時的な効果しかありません。

◯◯の文献では、ストレス発散の・・・と言われているんです。

なのでストレス発散をするだけではなくて、解消をする方が長期的にみてもあなたの身体への負担が減るんですよ!

 

えみさんの記事の性質上、親近感や共感の方が強く出ていますので、そこに引用を使った専門性を付け加えると、さらにパワーのある記事に変化するのではないかなと思いました。

えみさんのスタイルを壊さない方法として参考にしていただけると幸いです。

 

その他:気がついたところ

とても小さなことだったのですが検索からの流入を考えると、「お義母さんより姑」の方がいいのかなと感じました。

お義母さんというワードは「おかあさん」と打ち込んでも変換で出てこないため、検索される可能性自体が少ないです。

なので検索されやすいワードとして「姑」の方が自然ですね。

 

ただ、えみさんの意図があって使っているのであれば、そのまま活かした状態でやっていくべきだと思います。

えみさんが記事の中で使うキーワードの目的や、競合サイトとの比較のときに参考になるようコメントさせていただきました。

 

もう1つ。

スマホで閲覧したときにどのように表示されているかを確認しましょう。

Twitter界隈でもかなり出回っている話ですが、とくに吹き出しやボックスを使っている場合は、それがスマホページだとどう表示されるかの確認は必ずするべきです。

 

パソコンページではみやすくても、スマホページで位置が変になっていることがありますからね。

ぜひ合わせて気をつけてみてください。

 

最後に・・・

個性が強い記事!もっと磨けばもっと良くなります!!

えみさん・・・姑がめっちゃ嫌いなのかなって率直に思いましたww

 

でもこれは悪いことではありません。

実際に姑との同居で問題をかかえているご家庭は山ほどあるので、同じようにイライラ生活をしている人の共感を呼べますからね。

しかもイライラしていることを代弁しながらも、その解消法を記事にして発信しているというのは今後の強みになると思います。

 

今後も無理がないように記事の更新と修正を続けてほしいです。

以上、感謝企画の記事レポートでした。

 

えみさん、ご応募いただき本当にありがとうございました!

 

【番外編】今回の企画について・・・

Twitterのフォロワー数500人記念の本企画に応募いただき、改めて感謝いたします。

応募していただいた記事へのコメントではありますが、違う記事違うサイトでも同じように活用していただけると自負しております。

当記事を読んでいただいたあなたのお役に立てたら幸いです。

 

ただ、ボクはブログコンサルをオープンにやっているわけではないので、今回の企画にご応募いただいた方へのコメントにも限りが出てしまっています。

本来だったらもっと細かい箇所までコメントをしたかったのですが、個人的な意見が多くなってしまいこだわりを消してしまうのではと感じていました。

なのでボク自身のサイトが月間50万PV超(最高値)、毎月30万PVになるまでに個人的に参考にした本(ブログ・ライティングの教科書)を紹介します。

 

当記事を読んでいただいたあなたにわかっていてほしいのが、本を読んでも吸収して(学んで)実践しなければ役に立ちません。

ぜひ本で書いてあること(noteやセミナーでも同じです)をすぐに使う癖をつけてください。

そしてあなた自身のサイトで効果検証をしてみてくださいね!

ブログ・ライティングの教科書

→読みやすい文章作りのために読み潰しました。

→ただの日記じゃないブログ作りの参考になります。

→他のサイトに勝つための戦略を根本から理解できます。

ABOUT ME
アバター
ふーみん
ども、当サイトを作っているふーみんです!最後までお読み頂き、ありがとうございます。あなたのわからないが1つでも無くなったら嬉しいです。
旅費の無駄をなくす!

新しい旅行予約サイト「JIFU」を使うと、ホテルなどが原価で予約できるようになります。国内旅行・海外旅行・ハワイ・モルディブなど、旅行の質はそのままで節約してみませんか?

 

6ヶ月間無料で使えるバディパスの配布は、ボクのブログまたはLINE@から受け取ってくださいね。

>>LINE@>>記事を読む